大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2024.4.15 突哨山(とっしょうざん)


2024.4.06 大雪山 裾合平・中岳温泉



好天の旭岳。南風が心地よく感じられます。

南方向、トムラウシ山から十勝連峰

裾合分岐と姿見駅との中間地点。当麻岳から安足間岳、比布岳への稜線と大塚・小塚

右奥、北鎮岳

大雪原を強風が削るシュカブラと旭岳北斜面

中岳温泉の入口と端正な姿を見せる北鎮岳

7月20日前後にはチングルマの大群落が見られる広大な裾合平。左、旭岳北斜面

                             2019.7.19撮影

中岳温泉入口、強風によって削られた沢壁が見事な雪の回廊に。

先客のエゾユキウサギ、温泉周辺の植物が目当てでしょうか。

こんこんと湧く中岳温泉は熱々状態

毎年、大雪山へ来られるリピーターさん、今回もお天気に恵まれました。

2024.3.27 旭岳スノーシュー・姿見の池噴気孔コース




忠別湖から

この2月同じツアーのリベンジで道内から早朝に出発して来られました。最高の一日になりそうです。

十勝連峰もオプタテシケ山から富良野岳までくっきり

姿見の池展望台と避難小屋、愛の鐘

雪の斜面に出来たシュカブラの大きな模様

絶え間なく吹き上げる噴気

地獄谷の噴気孔群

シュカブラの表面にはダイヤモンドを散りばめたような輝きが(雪の結晶に太陽光が反射)美しい。

鏡池の畔でホットティータイム

昼下がりの旭岳。

2024.3.23 積丹岳




しばらくぶりの遠征登山、積丹ブルーのすばらしいお天気になりました。

600m台地からの展望

羊蹄山、ニセコ連山が遠望できました。

日本海越しに暑寒別の山並みも

エビの尻尾が目立つ900m台地

大雪原から頂上稜線

積丹岳頂上、対峙するピークは余別岳

下りの醍醐味は積丹ブルーの日本海に向かって7kmのロングコース、地平線に見える白い峰々は暑寒別岳を主峰とする増毛山地。

2024.3.19 大雪山スノーシュー旭岳周辺一日コース


初めてのスノーシュー体験、はるばる南国沖縄からご家族で来ていただきました。旭岳の白い雄姿、広大な雪原、雪の感触すべてに感動でした。

夏には旭岳が映る姿見の池展望台。

ワサビ沼では温かいスープでお昼タイム。

自然の雪山からの尻滑り

ビデオ撮影

IMG_5885

IMG_5891

2024.3.06 大雪山 旭岳山頂




噴気が旭岳を覆っている姿からは風の心配はなさそう。

満員のゴンドラから吐き出されてきたスキーヤー、ボーダーが新雪が降った旭岳めがけていく筋ものトレースが刻まれていきます。

風速 0m/sと50cmほどのパウダーの新雪、めったにないコンディションにわくわくしながら登っていくパーティの姿から伺うことができます。

9合目にかけての岩峰にはエビの尻尾が見事な青空とのコントラストを魅せてくれます。

眼下には高根ヶ原の大雪原と東大雪の山々

9合目から望む後旭岳

冬の大雪・旭岳初登頂に満面の笑みでカメラに…

下山後、第一展望台付近

2024.2.25 大雪山 旭岳スノーシューツアー



 

忠別湖展望台から旭岳方面

 

今朝の旭岳は冷え込みました。

 

休憩所の窓ガラスには霜の花が満開。

ラッキーな天気に恵まれた学生時代の仲間4名。バックはトムラウシから十勝連峰

軽く降った新雪に

穏やかな姿見の池でホットティータイム

 

2024.2.05 大雪山 スノーシュー



忠別湖から旭岳

風速15m、外気温-15℃、体感温度は-30℃近くまで下がり限界

旭岳温泉周辺のカモ沼ワサビ沼コースへ移動。打って変わって穏やかな森とふかふかのパウダーコース。

ワサビ沼の畔でホットティータイム

動画クリックしてご覧ください

daisetsuzan-club.jp/…ds/2024/02/034-1.mov

2024.1.13 大雪山 旭岳



久々の好天の旭岳ですが風速15m、噴気が真横になびき頂上稜線を舞う雪煙が確認できます。

珍しくシュカブラがあちこちに見られました。風が作る雪のオブジェ、陰影の様が風の強さを物語っています。

動画公開中(旭岳・姿見の池周辺)

2024.1.13松岡様旭岳周辺 019

大雪山厳冬期、自然のきびしさを体感されました。

噴気孔群では活きている地球の息吹を観察

雪深い原生林の森に佇むカモ沼。冬でも凍らないこの沼はコガモたちの越冬場所にもなっています。

膝上までくるパウダーの池塘群湿原、樹高30m近くにもなるアカエゾマツの原生林に囲まれた真っ新な雪原には二人だけの踏み跡しかありません。

午前中の姿見コースとは全く異なる自然の姿を垣間見ていただきました。

2023.12.31 大雪山 カモ沼ワサビ沼コース



池塘群湿原では膝まで埋まるパウダースノーに仰向け体験

 

 

 

大雪山の雪はとても水分の少ないパウダースノーです。スノーシューを付けて雪の中を進むことが可能です。雪遊び大好きの子供さんはもちろんご家族も子供に戻って雪まみれになって遊んでください。

 

 

ワサビ沼でのホットティータイム