大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2021.4.20 十勝連峰 前富良野岳


左から旭岳(1335m)、右に延びる稜線ピークが前富良野岳(1625m)、右手前1459峰

今年は雪解けが早くいつもの一の沢右岸尾根がつかえず左岸尾根コースに変更

原始が原登山口への林道。

登山口に建つ「ニングルの森管理棟」

尾根に取り付き徐々に高度を上げて行く

トウヤウスベ山と大麓山

やがて東方向に下ホロカメットク山と境山を望む

頂上稜線。左ピークが1459峰

突き当りが頂上分岐。この地点(約1300m)で強風のため引き返す

2019.4.13撮影

2021.4.11 十勝連峰 美瑛富士


今朝の十勝連峰

森林限界を越えた辺りからの美瑛富士。となりには美瑛岳

北には旭岳

南に十勝岳、富良野岳

標高1500mあたりからはハイマツとガレの難所

扇沼山、兜岩、三川台越に見る表大雪の峰々

頂上稜線からオプタテシケ山、トムラウシ山、石狩連峰

美瑛岳、十勝岳、富良野岳の連なり

きつい登行でしたが疲れを忘れさせる山頂からの絶景に大満足の常連さん。

2021.4.02 十勝連峰 三段山


すばらしい快晴に恵まれた三段山。頂上稜線の左奥が頂上

夏山シーズンには多くの高山植物で迎えてくれる富良野岳。荒々しい山容の広がる十勝連峰のなかで最も緑に覆われ目を惹きつける山、「花の百名山」にも名前を連ねています。

噴煙を上げ活発な火山活動を見せる前十勝

頂上稜線から安政火口を挟み上ホロカメットク山・三峰山と富良野岳へ、左へは十勝岳・トムラウシ山へと縦走路が続きます。

三段山頂上から十勝岳が噴煙でうっすらと確認できます。

この春、中学生になられる男子、ご家族を代表して頂上に立っていただきました。スノーシューとアイゼンを使いかなり早いペースでの登頂でした。この景色はきっと記憶に残る絶景のひとつになると思います。

下山途中に流れる噴煙の下に十勝岳のピラミダルな姿が望めました。

2021.3.09 大雪山 旭岳山頂


予報通りの好天が期待できそうな旭岳の姿。   忠別湖から

標高1600m、外気温-8℃、風速3m/s、新雪30㎝これ以上の天気は無いくらいのピーカン。

5合目からは先行組の方によってラッセルが切られありがたく使わせていただきました。

中央部にどっしりと構えるトムラウシ山、南には十勝岳連峰、日高山脈、夕張山地、東にはニペソツ山、阿寒、知床までくっきりと望めました。

9合目付近は強風によって吹き付けられる雪で大きな岩に海老の尻尾が見事な造形を作っています。

登山歴4年で冬の旭岳に挑戦、ラッキーな天気に恵まれ頂上まであとわずか、慎重にピッケル、アイゼンを使い一歩一歩確実に。

頂上柱がほとんど埋まるくらいの積雪。360度の大パノラマに興奮と感動

黒岳、白雲岳方面

後旭岳、緑岳の後方奥には阿寒の峰々が望めます。

旭岳山頂から望むトムラウシ山、十勝連峰

姿見の池展望台より

2021.2.22 大雪山 旭岳山頂


久々のお天気に恵まれた旭岳、ラッセルを覚悟して来てみるとすでにトレースが旭岳頂上へ向かって付けられていました。 暗いうちから歩いて登られた方に ”感謝”

6合目付近からトムラウシ山、十勝連峰

山仲間のみなさん、今日は感動の一日になりそうです。

8合目付近から望む

東大雪の山並みとトムラウシ山周辺

穏やかな頂上でした。すばらしい景色に感動

頂上でのお昼は大雪の絶景を楽しみながら

白雲岳、赤岳、烏帽子岳、黒岳と一望

金庫岩から地獄谷

2021.1.16 和寒山バックカントリー


強風の中山頂へ  和寒山々頂に立つ反射板
山頂は強風でしたが、少し下れば快適なオープンバーンが待ってます。
オープンバーンを快適に滑ります。

2020.10.27 大雪山 旭岳


アカエゾマツも冬の装い

標高1600m姿見駅周辺は一昨日からの積雪が30㎝あまりとツボ足での歩行はきついのでスノーシューを装着。
姿見駅前の広場もたっぷりと雪をかぶりました。
大雪山は初めて、クマさん親子のぬいぐるみと共に参加いただきました。地上とは別世界の雪景色に感動。
青空が見えだし好天の兆しも、踏み跡のない雪の上を一歩一歩進みます。
ガスで視界が悪くなる時も
旭岳山頂が青空の中にくっきりと姿を見せ、こんなに青い空と真っ白な雪山の雄大な景色に大感動。       7合目休憩地点ではツエルトで昼食
大きな岩に張り付いた海老の尻尾
一瞬で見え隠れする山頂に近づき8合目へ
大雪山は厳しく長い冬を迎えます。冬山登山は十分な冬山装備と決して無理をしない登山計画をもって入山されてください。

2020.3.04 大雪山 旭岳



暖かいせいか少し霞んで見える旭岳。

旭岳温泉街からの旭岳。

新雪が10㎝ほど積もった姿見平。場所によって20~30㎝に達する所も。

新雪をラッセルしているのが確認

十勝岳では「62-2火口」付近を震源とする火山性地震が増加。警戒レベルは「活火山であることに留意」を示す警戒レベル1を継続中。 噴煙はここからでもはっきり確認できる。

雪面がクラストした上に新雪が積もりスノーシュー、アイゼンのどちらでも登りづらい登行となりそう。

忠別岳の左奥にはニペソツの頭が確認。右端、トムラウシ

ほぼ頂上まで新雪が積もり歩きづらい状態が続きます。

初めての大雪山へ。

山肌は新雪によって化粧直し

地獄谷

 

2020.2.26 大雪山 旭岳山頂



 

 

忠別湖から望む旭岳、まだまだ厳しい冬山の装いです。

外気温-15℃、風速8m一見、穏やかな姿見平と旭岳の姿です。

遠く十勝連峰、夕張山地の稜線がくっきり

冬特有の北西からの季節風が噴気孔群から上がる噴気を南方向に雪上を這うように押し流していきます。

忠別岳、化雲岳、トムラウシ山方面

 

頂上は意外と風が無く穏やかな展望を楽しみました。北鎮岳、凌雲岳方面

重みで折れたのか、強風によるものか

地獄谷

この日を待ちに待って登頂できました。おめでとうございます。

インバウンドのボーダー、スキーヤーが頂上を目指しやってきます。事故の無いように。

9合目下部で見かけた危ない登山者(アジア系インバウンド)、ミドルカットのトレッキングシューズ、アイゼン無し、スノーシュー無し、防寒コートフード付き(カジュアルタイプ)、おしゃれな毛糸の手袋、マフラーにザック無しとどう見ても危ういいでたちでした。一つ間違えば遭難してもおかしくない服装、装備。命を大切にしてほしいものです。

 

2020.2.01 旭岳山頂


 千葉県からお二人のお客様を、旭岳山頂へご案内いたしました。

 稀に見る晴天と無風に恵まれ、山頂を目指すことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

快晴の旭岳をバックにツーショット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7合目、スノーシューからアイゼンに履き替え

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9合目付近

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

360度視界の山頂での記念撮影

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下山中に見られた虹色の環「ハロ」、珍しい自然現象です。

森田