大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2020.1.20 幌加内 山スキーツアー


旭川近郊の山は少雪のため幌加内へ、予想通り十分な積雪

知床羅臼からの山仲間も雪の多さとパウダーに興奮

650mほどのピークですが斜面と疎林のバランスが良く、特に初心者には打ってつけのゲレンデ

正面、太陽の真下辺りがピーク

天然のゲレンデ、滑りは最高

2020.1.19 十勝連峰 三段山


白銀荘はバックカントリースキーのメッカとして十勝岳はもちろん三段山への基地として最近はインバウンドのスキーヤ―、ボーダーが急激に増えてきています。

15日に旭岳登頂されたリピーターさんは三段山に挑戦

スキーにシールを張り付けて登る山スキーヤー、ボードを背負ってスノーシューで上がっていくボーダー、スノーシューで登り降りするハイカーと様々です。好天の中パウダーを一歩一歩進めて行きます。

一段目と二段目の中間地点、ダケカンバ三姉妹越しに旭岳と周りの山々が眩しく輝いています。

富良野岳本峰と北尾根、ジャイアント尾根

噴煙を上げる前十勝、その奥には十勝岳の雄姿が聳えています。

斜面のパウダーに刻まれたシュプール

頂上稜線から三段山山頂を見上げる。

雪を纏った上ホロカメットク山、荒々しさが際立ちます。左端に大砲岩

5日間で旭岳、三段山を厳冬期に2座、登頂されたリピーターのご夫婦。ご満悦の1枚

 

おまけ(1/18北邦野草園)

エゾフクロウ

アカゲラ♂

 

2020.1.15 旭岳山頂


忠別湖から望む旭岳。左に北鎮岳、愛別岳方面

新雪が20㎝ほど積もりスノーシューで7合目近くまで歩行

姿見の池展望台はめずらしく雪をかぶった状態

十勝連峰。オプタテシケ山から富良野岳まで展望

避難小屋、姿見駅

岡山からのリピーターさん、5年ぶりの旭岳山頂めざして。

登山者が下からも目立つくらい上がってきます。

ピーカンの旭岳頂上

南方向はトムラウシ山以外は雲海の中に

地獄谷への滑降は危険がいっぱい

トムラと十勝岳が雲海から頭を出して浮島状態

 

頂上直下

頂上からはすばらしいロケーションがご褒美

頂上柱はモンスター状態。右に北鎮岳、比布岳

黒岳方向

後旭岳、白雲岳、赤岳、右奥には緑岳

 

下山開始直後に見られたサンピラー

とてもラッキーな冬山山行でした。

 

 

2020.1.11 姿見の池コース


昨年、オープンした旭岳ビジターセンター。すっぽりと雪に埋もれました

今日は視界が悪く、辛うじて姿見の池展望台が霞んで見えます。

このような天気が普通と聞いて大雪山の厳しさを分かっていただきました。

 

 

2020.1.04 カモ沼ワサビ沼


1000m近くまで来ると景色は一変します。道路わきの雪山も高くなり、木々の枝先まで真っ白に雪が乗っかり花が咲いたような景色です。

旭岳ロープウエイ山麓駅裏の雪尺はまだ1.5mほど。

近郊から参加いただいたご家族。小学生のお子さんと賑やかなハイキングを楽しんでいただきました。

新雪が30㎝以上積もり、膝上までくるパウダーを皆さんにも体験していただきました。

 

 

自然の尻すべり台では大人も大はしゃぎです。

2020.1.02 カモ沼ワサビ沼


台湾からのご家族と友人のグループ。姿見コースはあいにくの天気で沼コースに変更となりましたが十分楽しんでいただきました。

腰近くまで埋まるパウダー。軽くほとんど負荷のかからない歩行ができます。

最近、結婚されたばかりの熱々カップル

全員、雪まみれ。雪で濡れることも無く払うときれいに落ちます。

2020.1.01 旭岳姿見~カモ沼ワサビ沼


謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします。

2020年 元旦


 

 

-20℃、風速12mの姿見駅前     凍れる(しばれる)がぴったりの外気温

姿見駅休憩所内の窓ガラスにも羽毛のような霜の華が散りばめられ、すてきな飾り窓になりました。

沼コースでは穏やかなスノーシューハイキングを楽しんでいただきました。

ふわふわのパウダーを心地よく

留守のカモ沼

2019.12.30 旭岳7合目


視界不良のなか出発しましたが七合目あたりで強風のため引き返すことに。

2019.12.29 十勝岳温泉~吹上温泉


千葉県からのリピーターさん。今年は少ない積雪での参加となりました。 安政火口方面

 

年末年始を冬山訓練にと入山された山岳会のベースキャンプ

吹上温泉口。 十勝岳、三段山への登山口となります。

 

 

バックカントリースキーコースとして最近は多くのスキーヤー、ボーダーが訪れます。

一段目から白銀荘方向

2019.12.26 冬休み親子ツアー


冬休みを利用して名古屋方面からの親子ツアー第一弾がここ旭岳姿見平スノーシューハイキングに訪れてくれました。素晴らしい天気に恵まれ親子ともども第一展望台目指して初めてのスノーシュー体験を楽しんでいただきました。旭岳の雄姿と幾本も吹き上げる噴気孔からの純白な水蒸気、どこまでも続く大雪原と青空、この大自然を満喫されていただきました。

寒さ対策は全員バッチリ、登りの後には楽しみな尻滑りが待っています。

旭岳も遠くからの子供たちの訪問に穏やかに迎えてくれました。

 

今日のハイライト、自然の大斜面に雪煙と歓声を上げながら勢いよく滑るすべり台では雪まみれになって何本も挑戦していました。お父さん、お母さんも子供にかえっての雪遊びに興じていました。

ロープウエイの車窓からは雪にまみれた樹林帯、キタキツネやユキウサギの足跡、遠く広がる真っ白い山並みと何もかも真っ白な姿に感動されていました。