大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2022.1.04 旭岳 姿見の池コース


大雪山スノーシュートレッキング、今日は姿見の池コースでした。
おまけで巨樹「山の神様」にもご案内しました。

風速11m、外気温-18℃、視界若干不良 姿見の池展望台

「愛の鐘」も吹き付けられた雪で上半分がモンスター状態

噴気孔群

対照的に穏やかな「森の神様」

2022.1.4 中鶴根山バックカントリー


大雪山国立公園に隣接しているエリアで、旭川近郊の21世紀の森にある中鶴根山へのバックカントリースキーツアーです。主に樹林帯の中を歩けるので、悪天の日でもスノーシュートレッキングが楽しめるコースです。

中鶴根山は旭川近郊の低山(678m)で公園として整備されています。冬期も楽しみことができます。
遊歩道に沿って登ります。
山頂のタワーです。
山頂に着きました。距離は短いですが、登り返しなしで駐車地点まで滑り降りることができます。
まだ積雪は不足気味ですが何とか藪の中を滑ることができます。
旭川近郊の低山は風の影響も少なくパウダーを楽しむことかできます。

2022.1.02 旭岳 カモ沼ワサビ沼コース



静寂な佇まいのカモ沼へ立ち入った瞬間にコガモたちは飛び立っていきました。

池塘群湿原では青空が広がり陽の光を受けてアカエゾマツ原生林が輝き始めました。

昨年まで小さかった、ワサビ沼の浮草が水面いっぱいに広がっています。

2022.1.1 三 段 山 女 子 会


十勝岳連峰、『北の国から』などで有名な吹上温泉白銀荘の目の前からスタートのスノーシュートレッキングです。

2022年元日 予報に反して寒いですが良い天気となりました。白銀荘駐車場よりスタートします。
小屋が小さくなってきました。
クリスマスツリーのような木です。
ダケカンバの木の下で
もうすぐに二段目上部です
前十勝を背に
凛とした山岳
急激に天気が悪化してきましたのでここより下山することにしました。

2022.1.01 十勝岳連峰 安政火口コース


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

十勝岳温泉からD尾根、安政火口方向

富良野岳北尾根と鉾岩

ヌッカクシフラヌイ川を凌雲閣側から覗く。ダケカンバの霧氷が陽に輝きまぶしい。今シーズンは少雪でまだD尾根へ取り付いているパーティはいないようです。

夏山登山道と同ルートにトレースがすでに付いていて歩きやすい。

D尾根と崖尾根

D尾根越しに見る富良野岳

上ホロカメットク山と八手岩

左に夫婦岩

化物岩

クリスマスツリーの木

2021.12.8 十勝岳



十勝岳連峰の主峰十勝岳へ。アイゼンを履いての冬山登山です。

快晴の十勝岳
この付近では積雪は30cm位ですが、山頂までトレースが明確についていてスノーシューを持参しましたが不要でした。
冬のたたずまいの十勝岳避難小屋
十勝岳避難小屋裏からの景観。十勝岳本峰は見えません。
夏道通り登りました。避難小屋が小さく見えます。
昭和火口手前から見る十勝岳。下界の雪は少ないとは言え完全な冬山です。
昭和火口の標識です。何とか見える程度の積雪となっています。
グランド付近の登山道から十勝岳。登山道のほとんどはアイスバーンです。
頂上直下の斜面です。完全なアイスバーととなっています。登りより下りの方が緊張します。
十勝岳山頂に着きました。快晴、風速は12~13m程度、マイナス8度。ザック内のバナナが凍り気味です。この時期としては穏やかな天候です。
富良野岳
トムラウシ山も見えます。
遠くに旭岳も見えました。
下界はうっすらと雲がかかっています。
山頂標識の後ろの岩がモンスターになっています。
北海道も今のところ暖かい冬となっていますが、冬はこれからが本番です。
皆さんも安全に登山を楽しんでください。

2021.10.27 旭岳 姿見の池コース


外気温-3℃、積雪15㎝、風速3m 穏やかな旭岳姿見平の第一展望台です。歩道上は踏み跡を辿れば迷うことはありません。ロープは取り外しましたが杭が刺した状態になっていますので見失わないように歩いてください。

姿見駅にて長靴のレンタルができます。防寒着(スキーウエア程度)、手袋、ニット帽、ネックウオーマーは必要です。

夫婦池 池はすべて凍結しています。

第四展望台から50mほどの道路脇の雪の上にヒグマの足跡がありました。昨日ビジターセンターのHPに載せていたものでしょう。

雲間から頂上が望めました。

姿見の池展望台

2021.10.19 十勝岳 避難小屋



望岳台からの登山道です。先日の降雪で駐車場からほぼ積雪状態です。
避難小屋が見えてきました。写真ではわかりませんが強風です。
小屋が近づくと積雪が深くなり所により膝ほどあります。
避難小屋に到着です。強風のためサングラスをかけていても涙が出ます。ゴーグルも用意していましたが、使わないで到着出来ました。
避難小屋で一服です。
避難小屋から見るグランド方面です。風が一層強くなってきました。下山することにします。

2021.10.03 旭岳 初冠雪




本日、14:58に旭岳初冠雪を観測しました。(非公式)

17:02撮影

2021.9.29 十勝連峰 安政火口


 

かみふらの八景にもなっている十勝岳温泉からの絶景。谷間の奥には上ホロカメットク山、化物岩、D尾根。左には崖尾根から三段山へと続く

右奥は三峰山と富良野岳への主稜線

三段山への崖尾根コースが復活したため立ち寄り可能になった三段沼

秋のすじ雲とナナカマドの実、崖尾根三段山方向

安政火口。右から 上富良野岳、八手岩、上ホロカメットク山

大雪山の殆どが穏やかな山容なのに対し荒々しい火山の姿を見せています。厳冬期にはさらに険しい姿が眼の前に聳え立ちます。

外気温が高い為、水蒸気が見えにくい安政火口原