大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2021.6.27 大雪山 赤岳~小泉平



銀泉台第一花園周辺雪渓。

ザクザクの雪をステップに合わせてトラバース

コマクサ平ではピンクいろのコマクサが咲き出しています。また同時にウスバキチョウが活動を始めコマクサ平から赤岳周辺で20頭ほど確認できました。

ウスバキチョウは日本では大雪山だけに生育する国の天然記念物。羽化するまで3年かかり、幼虫はコマクサだけを食草として成長します。

登山道を外れての撮影は禁止行為です。環境省ではパトロールを行い入山者への注意喚起を実施しています。                (2019.6撮影)

ルート中最大の第三雪渓。

第四雪渓を越えると赤岳頂上稜線

稜線に出ると一面がお花畑。イワウメ、ミヤマキンバイ

葉が硬いマット状のため厳しい環境から守られています。

赤岳頂上から白雲岳、旭岳  金色の花を付けたミヤマキンバイは今が満開

一番多く見られるミヤマキンバイ、金色(黄色)の鮮やかな色で魅せてくれます。

黒岳(右端)、烏帽子岳、凌雲岳、北鎮岳

小泉岳方面への登山道脇には見るからにがっしりとしたホソバウルップソウ

豆の花とすぐわかるエゾオヤマノエンドウ

白雲岳頂上から眺める山肌の縞模様はこれから多くの登山者を魅了させてくれます。

高根ヶ原の奥にそびえるトムラウシ山

小判を思わせる葉のチョウノスケソウ。これからが見頃です

細い葉と長い花茎の先に白い花を付けるチシマアマナ

背丈が10㎝ほどのエゾノハクサンイチゲ

葉が開く前に枯れ葉に隠れるように淡黄色で壺形の花を付けます。

紅葉期には山肌が赤く燃え、ビロードの絨毯を敷き詰めた様は感動です。

 

2020.7.03 赤岳~白雲岳~小泉平



銀泉台第一花園の雪渓はかなり早く融けてきていますがトラバースの際、特に下りではまだ要注意です。第三雪渓はほとんど登山道の雪は消えています。

ウコンウツギのまぶしい黄色が映えます。

 

コマクサ平のコマクサは満開を迎えています。

 

第三雪渓、左側の薄い色筋が登山道              ウラジロナナカマド

ジムカデ、エゾコザクラ

第四雪渓の登山道は半分程度現れています

赤岳頂上から白雲岳、中央奥に旭岳

エゾタカネスミレ、黄色が際立って鮮やかです。

北鎮岳、凌雲岳、烏帽子岳、黒岳

稜線は花盛り、イワウメ、ミヤマキンバイ

ホソバウルップソウ、エゾオヤマノエンドウ、イワウメ

どこまでもつづくイワウメの花畑

白雲岳頂上からは残雪の縞模様がとても美しい。左奥、旭岳

注意:頂上直下は巨岩帯の急斜面、残雪が張り付いて滑りやすいので滑落に要注意です。

 

この夏、建て替えとなる白雲岳避難小屋、この姿も見納めかもしれません。

工事に備えて周りの高山植物の移植作業が行われ、登山客の方がボランティアで作業に参加されていました。

エゾタカネツメクサ

エゾノハクサンイチゲ 背丈が10㎝余りと低い        板垣新道~小泉平

ミヤマキンバイの群落

チョウノスケソウ  近づくとこのような小さなお花畑がびっしり

永久凍土の影響で湿地となり水たまりができ、コケ、ホソバウルップソウ、タカネイワヤナギなどの植生が見られる。

トムラウシ山とホソバウルップソウ

ミヤマキンバイとトムラウシ山

2020.6.21 赤岳~白雲岳避難小屋




今年の積雪量は少なかったものの4月の降雪や低温で高山植物の生育に影響が出ているようです。第一花園の雪渓は雪山歩きの慣れていない方はアイゼンの使用をお勧めします。(300m 以上の急斜面トラバースあり、ポールは必要です)ここ以外の雪渓ではアイゼン無しで歩行可能。第三雪渓は夏道が現れています。

ニセイカウシュッペ山方面

東大雪

第二花園雪渓

右端に秀峰ニペソツ山、石狩岳、音更山、ユニ石狩岳

 

コマクサ平ではピンクの蕾があちこちで確認できます。(今年は遅れています)

このコース最大の第三雪渓、夏道がほとんど現れてきました。

赤岳頂上から黒岳、烏帽子岳、凌雲岳、北鎮岳

残雪模様の大雪山。左奥、旭岳

白雲岳分岐から避難小屋へのコースで。キバナシャクナゲ

今年度立て替えが決定した白雲岳避難小屋。今シーズン避難小屋の利用はできません。テントサイトは利用できますが張り数が限られます。詳しくは環境省の

ウエブサイトで確認ください。    北海道地方環境事務所  http://hokkaido.env.go.jp/

 

トムラウシ山を背景に  エゾコザクラ、キバナシャクナゲ

金色に輝く梅の花、ミヤマキンバイ

 

避難小屋周辺お花畑からチシマアマナとトムラウシ山、十勝連峰

高根ヶ原の崖に広がる雪渓は万年雪で残るところも

テントサイト

花はひと目でマメ科と分かり明るい紫がまぶしいエゾオヤマノエンドウ

小判を思わせる葉が特徴のチョウノスケソウはもう少し

肉厚の葉と青紫の花を付け見るからにがっしりしたホソバウルップソウ、

葉がマット状のイワウメ

2019.7.21 大雪山 赤岳~小泉岳




東大雪の山並みと雲海。

 

ウメバチソウ

第一花園の長いトラバースを強いられた雪渓もほぼ消えて

ハイマツの下で見かけるリンネソウ。夫婦花とも呼ばれます。

色鮮やかなエゾツツジ

身の丈5㎝ほどのチシマツガザクラ

コマクサ平のひときわ大きなコマクサの株

第三雪渓の雪も少なくなりお花たちが一斉に咲き出しています。 ミヤマキンバイとエゾコザクラ

 

エゾミヤマツメクサ

ピークが過ぎたホソバウルップソウ

 

ゴージャスなキバナシオガマは満開

小泉平で見かけたリシリリンドウ

この時期の赤岳方面は大雪山の銀座コースと言われるほど登山者が訪れにぎわいます。

ひときわ目立つエゾコザクラ

 

 

 

2019.7.16 大雪山 赤岳~小泉平




銀泉台第一花園の雪渓もほぼ消え夏道を歩くことができるようになりました。

毛むくじゃらで淡い紫のイワブクロ

エゾシマリス

5㎝に満たない背丈のチシマツガザクラ

岩を縁取るイワブクロ

この時期は何と言ってもエゾツツジが一番目立つ存在

この時期一番ゴージャスなキバナシオガマ

赤岳第三雪渓も小さくなりました。

エゾミヤマツメクサの花弁は丸みをおびる。濡れると花弁の筋が透けて美しい

キバナシオガマの群落

まだ残っていました。葉が小判を思わせるチョウノスケソウ

見るからにがっしりしたホソバウルップソウ

見事なコマクサ

2019.6.28 大雪山 赤岳 コマクサ平




第一花園の雪渓トラバースはまだ300mほど、タテ移動の個所では下りが特に要注意です。!!登山靴のカットトレースがほぼついていますので慎重に辿っていけば大丈夫でしょう。

*アイゼン歩行は爪をパンツの裾、靴に引っ掛けぬよう慎重に!!!

第二花園、お花はまだ先のようです。ウスバキチョウの飛翔している所を観察に来られました。思いがかなって観ることができました。

コマクサはもう一息です。

イワウメはピークを迎えています。

チシマキンレイカ

ミヤマキンバイ

第三雪渓では残雪スキーを楽しむ姿も

2018.7.23 大雪山 赤岳・小泉岳




 

銀泉台第一花園大斜面とニセイカウシュッペ山

秋のお花、ウメバチソウが咲き出して来ました。

イチゴの葉にそっくり、まぶしく金色に輝くミヤマキンバイ

第二花園のお花たちはまだ雪の下。

奥の平からは可憐なお花たちが迎えてくれました。

エゾツツジ

コマクサ平、ピークは少し過ぎましたがまだ賑やか。

第三雪渓、ほとんど登山道が現れています

福岡からのリピーターさん、雄大な景色とお花たちに大満足

イワギキョウ

花弁が10個に見える、エゾイワツメクサ 大雪山固有種

赤岳から旭岳方面

淡い紫色で花冠に長い毛が目立つ イワブクロ

東大雪の秀峰、ニペソツ山

小泉岳から白雲岳・旭岳方面

白い花弁に赤い斑点が付いているように見える、クモマユキノシタ

花弁の先に細かい鋸刃がある、エゾタカネツメクサ

花も葉もゴージャスなキバナシオガマ

大雪山で一番多いお花、チングルマ  東岳

 

 

コマクサ平でコマクサをついばむギンザンマシコ♂、近くに♀も確認

 

 

 

身の丈5㎝、チシマツガザクラの群生

 

 

 

 

 

2018.6.23 赤岳




8ヵ月ぶりに銀泉台線が開通。まだ残雪が多く見られる登山道にはショウジョウバカマの鮮やかな姿が目につきました。

第一花園はまだ厚い雪の下、大斜面を滑降するスキーヤーが最後のシーズンを楽しんでいました。右奥、ニセイカウシュッペ山

大斜面をトラバースしてコマクサ平方面へ。 雪山歩きが不安な方は簡易アイゼンの装着をお勧めします。

 

悪路だった第二花園への登山道は整備され大変歩きやすくなりました。

第二花園雪渓

ヒメイソツツジ

イワウメ

コマクサ平ではコマクサの花芽が葉の中から顔を出してきました。強風のためウスバキチョウは確認できず、ダイセツタカネヒカゲ1頭岩陰に身を寄せているのが確認

見事なミネズオウの群落

第三雪渓はコース中最大の雪渓。シートラで最上部を目指すスキーヤー

第四雪渓

 

 

赤岳頂上周辺は猛烈な強風(瞬間風速で30m/S)のため小泉平方面への登山は中止。

白雲岳、旭岳方面

烏帽子岳、黒岳、凌雲岳方面

メアカンキンバイ

2017.8.27 大雪山 赤岳




9月中旬には錦絵のような彩りを見せてくれる第一花園大斜面

アリドオシラン、高さ5cm、花の長さ5mmほど。登山道脇の笹薮の中にひっそりと純白の花を付け咲いていました。

第一花園から遠くに望む阿寒連山

第二花園は今が花盛り。雪渓は解け切らずに残りそうです。    チングルマ

エゾコザクラ

ウラシマツツジの紅葉

ピンク色の花弁がまだしっかりと残るコマクサ            コマクサ平

「大雪の貴婦人」クモイリンドウも終わりかけです

コケモモ

第三雪渓の燃えるような紅葉ももう少し

強風の赤岳頂上

岩陰で色づくヒメイワタデ

 

一番多く見られたウメバチソウ

第一花園大斜面を見晴らせる沿道脇に登山道補修用の石材が積まれています。第一花園上部の展望台から第二花園の間は,雪融けや雨水による浸食が進み、ぬかるみや水たまりを避けようとして更に植物が踏圧によって痛められ登山道の拡大や複線化が発生しています。これらを少しでも食い止めるためにこの石材が必要なのです。「ご協力よろしくお願いします」

シマリスさんからもよろしくお願いします。

2017.6.24 大雪山 銀泉台~赤岳




赤岳登山口にあたる銀泉台、紅葉期には多くの登山客で賑わう第一花園はまだ残雪が厚く300mほどのトラバースを強いられます。一部に氷雪となって滑りやすくなっている個所があるので慎重に。

お花たちも咲き出しては来ましたが開花状況は遅れ気味のようです。ショウジョウバカマ、キバナシャクナゲ、イワウメ、ミヤマキンバイ、ウラシマツツジ、ミネズオウ、チシマキンレイカ

コマクサ平のコマクサもまだこれからという感じです。天気もありますがウスバキチョウは1頭も確認できませんでした。

 

第三雪渓

第四雪渓

頂上稜線に出ると風雨が強まり引き返すことに、ホソバウルップソウ、チョウノスケソウの開花ももう少し先のようです。