大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2018.8.17 旭岳



旭岳8合目、地獄谷壁面にうっすらと白いものが

 

9合目は冬山の様相

金庫岩

頂上稜線は強風で雪が吹き飛ばされ状態

東京からのリピーターさんもこの雪には驚き。黒岳縦走は来シーズンまでお預けです。

2018.8.05 大雪山 旭岳



 

今年も比布町から比布野球少年団が「北海道のテッペン取るぞ!」の意気込みでこの大雪山へ乗り込んできました。

全員、元気で山頂到着。8合目からエールを送ってくれていた地元の応援隊へ整列して旭岳山頂から答えていました。

比布岳を背にして

左から二つ目のピークが比布岳

頂上一帯で見られたチシマクモマグサ

2018.7.26 大雪山 裾合平


裾合平が白く色づき出してきました。ほぼ九分咲きでしょうか。週末にはまだまだ濃い色づきになりそうです。。

旭岳と白鳥の雪渓

当麻岳

北鎮岳方向

旭岳登山道を歩く登山客の行列が続いています。

鏡池

すり鉢池

ロープウエイ前のお花畑もにぎやかです。

🔴例年、7月20日前後になると裾合平では、200ヘクタール(東京ディズニーランドの約4倍)もの広さの中にチングルマ、エゾコザクラ、エゾツガザクラ、エゾノハクサンイチゲな    どが群落を作り圧倒的なお花畑をこの時期に見ることができます。中でもチングルマの大群落はことばが出ないほどの感動を与えてくれるでしょう。

2018.7.23 大雪山 赤岳・小泉岳



 

銀泉台第一花園大斜面とニセイカウシュッペ山

秋のお花、ウメバチソウが咲き出して来ました。

イチゴの葉にそっくり、まぶしく金色に輝くミヤマキンバイ

第二花園のお花たちはまだ雪の下。

奥の平からは可憐なお花たちが迎えてくれました。

エゾツツジ

コマクサ平、ピークは少し過ぎましたがまだ賑やか。

第三雪渓、ほとんど登山道が現れています

福岡からのリピーターさん、雄大な景色とお花たちに大満足

イワギキョウ

花弁が10個に見える、エゾイワツメクサ 大雪山固有種

赤岳から旭岳方面

淡い紫色で花冠に長い毛が目立つ イワブクロ

東大雪の秀峰、ニペソツ山

小泉岳から白雲岳・旭岳方面

白い花弁に赤い斑点が付いているように見える、クモマユキノシタ

花弁の先に細かい鋸刃がある、エゾタカネツメクサ

花も葉もゴージャスなキバナシオガマ

大雪山で一番多いお花、チングルマ  東岳

 

 

コマクサ平でコマクサをついばむギンザンマシコ♂、近くに♀も確認

 

 

 

身の丈5㎝、チシマツガザクラの群生

 

 

 

 

 

2018.7.19 トムラウシ山


多くの登山者でにぎわうコマドリ沢分岐

沢にはまだ若干の残雪あり。

前トム平へのガレ急登

前トム平に出るとトムラウシ山とチシマギキョウがお迎え。

遥か東大雪の山並みを背に

トムラウシ公園とトムラウシ山

公園内は百花繚乱の如くお花に溢れていました。エゾコザクラ、ミヤマキンバイ

公園のシンボル的岩峰とお花畑

 

 

長い時をかけてできたチングルマが岩を覆った見事な花壇

雲海に望む十勝連峰

頂上直下から望む南沼と十勝連峰方向

山頂ドーム

周辺でよく見られたエゾヒメクワガタ

2018.7.18 大雪山 裾合平


抜けるような青空の旭岳、千葉から参加のご夫婦

歩きだして15分ほどで目に入ってくる景色。チングルマ群落と旭岳

旭岳の沢筋にはまだ厚い残雪が

旭岳北斜面に現れる白鳥の雪形

低温による雪解けの遅れでチングルマの開花が遅れています。まだ固いつぼみ状態で群落が見られるのはもう少し先のようです。

エゾコザクラ、バイケイソウ

姿見園地のチングルマは今が盛りと賑わいを見せていました。

 

2018.7.09 大雪山 トムラウシ山


コマドリ沢分岐

お花はこれからが本番でしょうか。トムラウシ公園ではエゾコザクラ、エゾノハクサンイチゲ。

トムラウシ山裾の石原に咲き出したチングルマ

東京からの皆さん、展望は利きませんでしたが全員の登頂に感激。

 

 

●開花状況:チングルマ、エゾコザクラ、エゾノハクサンイチゲ、コマクサ、キバナシャクナゲ、カラフトイソツツジ、ミヤマキンバイ、メアカンキンバイ、イワウメ、イワヒゲ、サマニヨモギ、ミヤマオグルマ、エゾイワツメクサ、ミヤマタネツケバナ、ミネズオウ

2018.7.08 大雪山 旭岳



久しぶりの旭岳ブルー。

姿見園地では次々とお花たちが競うように咲き出して来ました。

姿見の池の雪も日ごとに小さくなってきています。

トムラウシ山、十勝連峰もくっきり

この日は休日と好天気で一番のにぎわいを見せていました。

中国地方からのツアーの皆さん、予報がはずれこの素晴らしいお天気に感激

頂上での昼食は格別の味

チングルマがまばらですが目に入ってきます。

第二の姿見の池、鏡池

すり鉢池

2018.7.07 大雪山 黒岳


7合目と8合目の間にはまだ雪渓が残っていますので下りには注意してください。

夏山のお花たちも目に付くようになりました。9合目から山頂:ジンヨウキスミレ、キバナノコマノツメ、クロユリ、チシマノキンバイソウ、エゾノハクサンイチゲ、ハクサンチドリ、カラマツソウ、ミヤマキンポウゲ

山頂のお花畑はコマクサ、イワウメ、チシマキンレイカが咲き出しました。エゾツツジは遅れていてまだ一週間はかかりそう。

石室周辺ではエゾコザクラ、キバナシャクナゲ、ミヤマキンバイ、エゾノツガザクラが見頃

雲ノ平の火山灰地では昨年行ったヤシネット施工がかなりの効果がみられました。していなければまだ大きな崩壊となっていたかもしれません。

赤石沢の渡渉は登山靴にスパッツで渡れます。左手に大きなブリッジがありますが、中央部が裂けて崩れ落ちるのも時間の問題です。絶対にブリッジを利用しないようにしてください。

 

2018.6.23 赤岳



8ヵ月ぶりに銀泉台線が開通。まだ残雪が多く見られる登山道にはショウジョウバカマの鮮やかな姿が目につきました。

第一花園はまだ厚い雪の下、大斜面を滑降するスキーヤーが最後のシーズンを楽しんでいました。右奥、ニセイカウシュッペ山

大斜面をトラバースしてコマクサ平方面へ。 雪山歩きが不安な方は簡易アイゼンの装着をお勧めします。

 

悪路だった第二花園への登山道は整備され大変歩きやすくなりました。

第二花園雪渓

ヒメイソツツジ

イワウメ

コマクサ平ではコマクサの花芽が葉の中から顔を出してきました。強風のためウスバキチョウは確認できず、ダイセツタカネヒカゲ1頭岩陰に身を寄せているのが確認

見事なミネズオウの群落

第三雪渓はコース中最大の雪渓。シートラで最上部を目指すスキーヤー

第四雪渓

 

 

赤岳頂上周辺は猛烈な強風(瞬間風速で30m/S)のため小泉平方面への登山は中止。

白雲岳、旭岳方面

烏帽子岳、黒岳、凌雲岳方面

メアカンキンバイ