大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2020.7.06 トムラウシ山


カムイ天上から稜線をしばらく行くと東大雪、十勝連峰が雲海上に見えてきました。

遥か奥には日高連峰

コマドリ沢分岐での残雪はいつもより多いようです。

雪渓の上は冷気のお蔭で気持ち良く歩けました

前トム平を過ぎトムラウシ公園越しに見るトムラウシ山

トムラウシ公園への下り巨岩帯は慎重に

お花たちはまだ咲き出したばかり  エゾコザクラ、キバナシャクナゲ、エゾノハクサンイチゲ、チングルマ、イワブクロ、コマクサ、エゾイソツツジ、ミヤマキンバイ、メアカンキンバイ、ショウジョウバカマ、チシマキンレイカ、エゾツガザクラなど

トムラウシ公園のお花畑。 エゾコザクラ、ミヤマキンバイ

キバナシャクナゲ、

南沼の向こうには雲に覆われた十勝連峰

頂上柱が新しくなりました。

十勝連峰の姿が少し見えてきました。手前オプタテシケ山

 

 

2020.7.03 赤岳~白雲岳~小泉平


銀泉台第一花園の雪渓はかなり早く融けてきていますがトラバースの際、特に下りではまだ要注意です。第三雪渓はほとんど登山道の雪は消えています。

ウコンウツギのまぶしい黄色が映えます。

 

コマクサ平のコマクサは満開を迎えています。

 

第三雪渓、左側の薄い色筋が登山道              ウラジロナナカマド

ジムカデ、エゾコザクラ

第四雪渓の登山道は半分程度現れています

赤岳頂上から白雲岳、中央奥に旭岳

エゾタカネスミレ、黄色が際立って鮮やかです。

北鎮岳、凌雲岳、烏帽子岳、黒岳

稜線は花盛り、イワウメ、ミヤマキンバイ

ホソバウルップソウ、エゾオヤマノエンドウ、イワウメ

どこまでもつづくイワウメの花畑

白雲岳頂上からは残雪の縞模様がとても美しい。左奥、旭岳

注意:頂上直下は巨岩帯の急斜面、残雪が張り付いて滑りやすいので滑落に要注意です。

 

この夏、建て替えとなる白雲岳避難小屋、この姿も見納めかもしれません。

工事に備えて周りの高山植物の移植作業が行われ、登山客の方がボランティアで作業に参加されていました。

エゾタカネツメクサ

エゾノハクサンイチゲ 背丈が10㎝余りと低い        板垣新道~小泉平

ミヤマキンバイの群落

チョウノスケソウ  近づくとこのような小さなお花畑がびっしり

永久凍土の影響で湿地となり水たまりができ、コケ、ホソバウルップソウ、タカネイワヤナギなどの植生が見られる。

トムラウシ山とホソバウルップソウ

ミヤマキンバイとトムラウシ山

2020.6.21 赤岳~白雲岳避難小屋



今年の積雪量は少なかったものの4月の降雪や低温で高山植物の生育に影響が出ているようです。第一花園の雪渓は雪山歩きの慣れていない方はアイゼンの使用をお勧めします。(300m 以上の急斜面トラバースあり、ポールは必要です)ここ以外の雪渓ではアイゼン無しで歩行可能。第三雪渓は夏道が現れています。

ニセイカウシュッペ山方面

東大雪

第二花園雪渓

右端に秀峰ニペソツ山、石狩岳、音更山、ユニ石狩岳

 

コマクサ平ではピンクの蕾があちこちで確認できます。(今年は遅れています)

このコース最大の第三雪渓、夏道がほとんど現れてきました。

赤岳頂上から黒岳、烏帽子岳、凌雲岳、北鎮岳

残雪模様の大雪山。左奥、旭岳

白雲岳分岐から避難小屋へのコースで。キバナシャクナゲ

今年度立て替えが決定した白雲岳避難小屋。今シーズン避難小屋の利用はできません。テントサイトは利用できますが張り数が限られます。詳しくは環境省の

ウエブサイトで確認ください。    北海道地方環境事務所  http://hokkaido.env.go.jp/

 

トムラウシ山を背景に  エゾコザクラ、キバナシャクナゲ

金色に輝く梅の花、ミヤマキンバイ

 

避難小屋周辺お花畑からチシマアマナとトムラウシ山、十勝連峰

高根ヶ原の崖に広がる雪渓は万年雪で残るところも

テントサイト

花はひと目でマメ科と分かり明るい紫がまぶしいエゾオヤマノエンドウ

小判を思わせる葉が特徴のチョウノスケソウはもう少し

肉厚の葉と青紫の花を付け見るからにがっしりしたホソバウルップソウ、

葉がマット状のイワウメ

2020.6.14 十勝連峰 上ホロカメットク山



大雪山パークボランティアの仲間と夏山シーズンに向けての登山道整備に十勝連峰上ホロカメットク山周辺の鉄ピン交換、ロープ張替えなどの作業に参加

北斜面、沢筋には残雪があり注意が必要です。  D尾根

 

D尾根最終地点の雪渓。右に上富良野岳

上ホロカメットク山から富良野岳を望む

ピラミダルな姿が十勝岳

作業風景

安政火口、三峰山と富良野岳

八手岩越しの十勝岳

2020.6.13 旭岳 姿見園地


姿見駅標高1600m、雪の下に埋まっていたハイマツ、ウラジロナナカマドが現れ、高山植物もキバナシャクナゲ、ミネズオウ、コメバツガザクラなどが咲き出して来ました。

旭岳を覆っていた雪も沢筋の残雪が目立つ程度に融けてきています。姿見の池コースの遊歩道は一部残雪があり気温が上がると沢状態になる個所があります。登山靴か長靴の装備をされてください。(旭岳ロープウエイ姿見駅にて長靴レンタルあります)

夫婦池周辺ではメアカンキンバイ、ミネズオウ、チングルマが咲き出しました。

夫婦池

壺形の花を付けるエゾノツガザクラ

星を散りばめたかに見えるミネズオウ

花が3個ずつつき米粒状の葉が特徴のコメバツガザクラ

旭岳頂上にも群生しているキバナシャクナゲ

開いたばかりのキバナシャクナゲが旭岳を背景に咲き競っているかのようです。

 

可憐な鐘形の花、立ち上がった姿をムカデにたとえたジムカデ

姿見の池が現れるにはまだもう少しかかりそうです。

十勝連峰、トムラウシ山方向

鮮やかな紫色の小さな花が集まったショウジョウバカマ。本州では赤紫色

7月に入るとピンクの絨毯に変わります。エゾコザクラ群生地

ロープウエイ山麓駅側の遊歩道ではエゾノリュウキンカがまだ楽しめます。

チシマザクラ開花しました。

 

2019.9.16 愛山渓温泉~永山岳~当麻乗越~沼ノ平縦走


三十三曲がり手前の折れ曲がった鉄橋に代わり丸太を割った橋が架けられました。ありがとうございます。

滝ノ上分岐への下り  沢コースは現在閉鎖中のため三十三曲がりコースを使用

地元のリピーターさん、ササとダケカンバの急斜面にジグザグを切って高度を稼ぎますが、雨上がりの泥道で滑りやすくきつい登りに閉口。

展望が開け沼ノ平が姿を見せてくれました。

永山岳頂上からは地獄谷を挟んで聳える秀峰愛別岳が見えるのですが視界は全く望めず。

当麻岳への岩稜帯越えが続く

 

当麻乗越が近づくにつれ沼ノ平の展望とウラシマツツジの紅葉が美しい

ウラジロナナカマドが見事に色付きハイマツとのコントラストが素晴らしい

当麻乗越から少し下ると美しい池塘群が目に飛び込んできます。まさしく「神遊びの庭」、神様が楽しみながら造ったとしか思えない池、島、岩の絶妙な配置、晴れていると目の覚めるようなコバルトブルーの池に周りの草紅葉が金色に輝く絶景に感動です。

来年7月には松仙園経由でこの八島分岐への登山道が通れる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.9.30 大雪高原沼めぐり


高原温泉周辺の紅葉

ミネカエデのトンネル

ヤンベタップ温泉

今シーズン最高のお天気に恵まれました。

2019.9.28 大雪山 旭岳紅葉


21日には真っ白だった雪景色もほとんど消えました。

姿見の池散策コースはほとんど雪も融け、今日は青空の広がる最高の紅葉狩り日和となりました。

裾合平方面へ行くチングルマ群落地では紅葉した葉が紅く染まっているのが分かります。

ロープウエイ車窓からの展望が最高です。錦絵のような色彩に彩られた紅葉に歓声が上がっていました。

 

2019.9.27 大雪高原沼めぐり


 

2019.9.25 大雪高原沼めぐり・銀泉台


高原沼めぐりも終盤に入りました。一時は大変心配しましたが雪による紅葉のダメージは少なかったようです。滝見沼、緑沼はまだ楽しめそうです。

銀泉台は第一花園下部の紅葉がまだ見られます。

ミネカエデが良くなってきました。

芭蕉沼付近の紅葉。  ウラジロナナカマド

滝見沼、まだまだいけます。

稜線の雪景色との三段紅葉

岡山からのお客様、この紅葉の美しさに皆さん感動されていました。

銀泉台第一花園