大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2019.7.24 大雪山 黒岳~雲の平


 

 

ダイセツトリカブトの鮮やかな紫が目に付きます。

チシマノキンバイソウとマネキ岩

エゾツツジが咲き出しました。

身の丈とは不釣り合いなほど大きな花弁を見せるエゾツツジ

ガク片に鋸歯があるイワギキョウ

登山ツアーで知り合いパーティを組むように、今回は2日間の大雪山登山を楽しまれる計画。

 

沢地形にはチングルマが周りより遅くに咲き出します。

烏帽子岳を背に雲の平のチングルマ群落

アースハンモック(寒冷で湿潤な場所で見られ小さな半球状の盛り上がりが連続している)に咲くチングルマ

 

ノゴマ♂のさえずりが心地よく響きます

この時期、チシマツガザクラの群生もかわいい

 

 

 

 

2019.7.10 大雪山 黒岳~雲の平


東斜面はウコンウツギが満開

8合目で見られたクロユリ

ルリビタキ

白い花糸が線香花火のようなカラマツソウ

ウズラバハクサンチドリ

9合目付近、チシマノキンバイソウ、トカチフウロ、ウコンウツギ、ミヤマキンポウゲ、カラマツソウ、エゾノハクサンイチゲが咲き出しました。

頂上からは旭岳、北鎮岳、凌雲岳、お鉢平など広大な大雪山が体感できる。

ポン黒岳から石室と雲の平

雲の平のお花たちはキバナシャクナゲが多くチングルマはまだこれから

2019.6.28 大雪山 黒岳Part2


 

道内から参加の女性。

到着時には晴れ渡った雲の平をご覧出来たそうです。

黒岳頂上付近では珍しいギンザンマシコ(雄)が近づいても逃げないのでじっくり観察できたそうです。

 

 

2019.6.28 大雪山 黒岳~雲の平


黒岳の雪渓は7合目から8.5合目にかけて断続的に残っています。特に直登部の下りには慎重に。不安な方はアイゼンの使用をお勧めします。(使用経験のない方は爪が靴や裾などに触れないよう特段の注意が必要です。また雪山歩きの経験のない方、登ることができても下りで滑落することがあります。)

8合目から頂上にかけて高径草本類のお花たちが咲き出しました。ショウジョウバカマ、エゾイワハタザオ、

ジンヨウキスミレ

キバナノコマノツメ

ミヤマキンポウゲ

ハクサンチドリ

エゾノハクサンイチゲ

頂上は雲で視界不良

足元のお花畑はイワウメがピーク

メアカンキンバイ

ミヤマキンバイ

ミネズオウ

キバナシャクナゲ

ポン黒岳のイワウメの群落を歩く宮崎からのツアー登山者からは歓声が上がっていました。

雲が切れ大雪の広大な景色が一気に広がりました。

石原のまわりはミネズオウの群落

石室周辺のキバナシャクナゲ

下山時はより慎重に。

 

2018.7.07 大雪山 黒岳


7合目と8合目の間にはまだ雪渓が残っていますので下りには注意してください。

夏山のお花たちも目に付くようになりました。9合目から山頂:ジンヨウキスミレ、キバナノコマノツメ、クロユリ、チシマノキンバイソウ、エゾノハクサンイチゲ、ハクサンチドリ、カラマツソウ、ミヤマキンポウゲ

山頂のお花畑はコマクサ、イワウメ、チシマキンレイカが咲き出しました。エゾツツジは遅れていてまだ一週間はかかりそう。

石室周辺ではエゾコザクラ、キバナシャクナゲ、ミヤマキンバイ、エゾノツガザクラが見頃

雲ノ平の火山灰地では昨年行ったヤシネット施工がかなりの効果がみられました。していなければまだ大きな崩壊となっていたかもしれません。

赤石沢の渡渉は登山靴にスパッツで渡れます。左手に大きなブリッジがありますが、中央部が裂けて崩れ落ちるのも時間の問題です。絶対にブリッジを利用しないようにしてください。

 

2017.8.02 大雪山 黒岳~雲ノ平


夏休みを利用して静岡からお孫さん4人と北海道旅行の目的のひとつ大雪山登山に来ていただきました。

突然、雲の切れ間から表大雪の山々が見えだすと、全員が笑顔に

残雪に走り寄り雪の多さにびっくり、全員で雪遊びに

お爺様が楽しみにしていた高山植物のお花畑には、まだいっぱいのお花たちが咲き誇っていました。

山の中でのお昼は楽しみのひとつ。

この黒岳登山も夏休みの良い思い出のひとつとして、いつまでも心に残ることと思います。短い夏にひときわ輝くお花やいきものたち、きびしい環境にも負けずに元気な姿をいつまでも見せてほしいものです。

 

2017.7.14 大雪山 黒岳~雲ノ平


快晴の黒岳、毎日きびしい猛暑が続く関西・九州からの登山ツアーの皆さん

黒岳登山道にはわずかに雪が残っていますが、歩行には問題ありません。ウコンウツギが満開、山肌が黄色に輝き高径草本のカラマツソウ、チシマノキンバイソウ、トカチフウロやエゾヒメクワガタ、(ウズラバ)ハクサンチドリ、キバナノコマノツメ、ジンヨウキスミレなどが咲き出しています。

 

頂上直下からマネキ岩

 

黒岳頂上は赤紫色のエゾツツジが満開

コマクサ平のような賑わい

白鳥、千鳥の雪渓も形が分かるように。雲ノ平のチングルマはこれからが見頃

強い風の中の稜線歩きでしたが、沿道のお花たちを十分堪能できました。黒岳~雲ノ平ではコマクサ、ミヤマキンバイ、イワウメ、エゾノツガザクラ、イワブクロ、チシマキンレイカ、エゾコザクラ、サマニヨモギ、チシマツガザクラ、ヨツバシオガマなどが見られます。

おまけ

 

2016.7.16 大雪山 黒岳~雲の平


DSCN4275

黒岳頂上からポン黒岳にかけて大きな花冠と5本のおしべが目立つエゾツツジが咲き出しました。

DSCN4244

近郊の町民登山会の皆さんもこんなに多くのお花が見られとても感動されていました。黒岳東斜面では特にウコンウツギ、ナナカマド、チシマノキンバイソウが満開

DSCN4240

アブラナ科とは思えないハクセンナズナ

DSCN4245

マネキ岩とウコンウツギ

DSCN4250

まだこれから咲き出します、エゾツツジ

DSCN4253

チシマキンレイカ、花の色の鮮やかさが見事です。

DSCN4254

DSCN4272

可憐なエゾイワツメクサ。花弁が深く2裂するので10弁花のように見えます。

DSCN4278

メアカンキンバイ、ミヤマキンバイは雲の平付近で多く見られます。

DSCN4259

構造土が見られる雲の平ではキバナシャクナゲの群落が見事です。奥は烏帽子岳、赤岳方面

DSCN4260

ウラジロナナカマド、紅葉期には見事な彩りを見せてくれます。

DSCN4267

北鎮岳白鳥千鳥の雪渓。雪形がかなり、はっきりとしてきました。

 

2016.6.28 大雪山 黒岳


DSCN3768

登山道上はまだ残雪が多く特に9合目上部では急斜面となるため下山時は注意が必要です。(低温・降雨時には雪面の状況が変わりますのでアイゼンやポールの準備が必要)

DSCN3772

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埼玉からのリピーターさんもこの雪には悪戦苦闘の連続

DSCN3776

8合目、9合目のお休み処はほぼ消えかかっていました。

DSCN3781

一番多く目にした、エゾノイワハタザオ

DSCN3787

頂上直下、100mほどのトラバース慎重に

DSCN3842

ジンヨウキスミレ

DSCN3791

エゾコザクラ

DSCN3792

ハクサンイチゲ

DSCN3795

黒岳頂上からは表大雪の山容が一望。残雪模様が織りなす大雪の夏景色

DSCN3797

黒岳頂上にはメアカンキンバイ、イワウメがピーク

 

DSCN3839

DSCN3800

コマクサの葉の中に大事そうにしまわれているピンク色の花芽がもう少しで出番を迎えます。

DSCN3823

イワウメが盛りのポン黒西側斜面

DSCN3805

雪解けがかなり遅れ登山道が雪の下になっている個所がありますので視界不良時の道迷いに注意(地図、コンパス、GPS)

DSCN3835

石室の周りはすっかり雪が解け、夏山シーズンへ向けての準備が出来ていました。