大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2018.5.16 愛山渓 沼ノ平


愛別岳南斜面は雪が消えすっかり夏山の様相を見せています。沼ノ平はまだ1m以上の積雪があります。

当麻乗越を目指して山スキーで沼ノ平湿原を軽快に

雪質は硬めのシャーベットに所々アイスがまだら状に現れ、締まった表面をスキーシールが小気味よくスキーを運んでくれます。

当麻乗越から沼ノ平を望む紅葉期の景色は息をのむほど美しい

当麻乗越からまだ雪深い旭岳北斜面と熊ヶ岳

この日はエゾナキウサギの初鳴きと軽やかに囀るギンザンマシコも観察できました。

1800m地点から愛山渓温泉まで5㎞の大滑降

2018.4.07 支笏湖 漁岳(いざりだけ)


恵庭岳、札幌オリンピックでは滑降競技が行われました。右隣り、横に延びる稜線が漁岳

南側には風不死岳(フップシダケ)とドームの樽前山。三山とも支笏カルデラの外輪山

毎年、恒例の札幌、羅臼、旭川の山仲間が冬山に集う交流山行に今年は漁岳へ。

展望が開け結氷している秘湖オコタンペ湖と恵庭岳が眼下に見えてきます。雪質はクラストした雪面にうっすらと雪が積もったまずまずのコンディション

1175m地点

恵庭岳がほぼ姿を現し、支笏湖もはっきりと湖面が確認できます。

 

 

2018.1.30 冬路山 山スキー


旭川市の郊外、江丹別拓北からの深すぎるラッセル。頂上稜線に近づくにつれ疎林となり下りの滑りを期待しながら苦闘が続きます。

 

冬路山標高625mの手製の標識

2018.1.29 音江山 山スキー


深川のイルムケップ山塊に属し、標高(796m)の割に積雪量が多く、雪質も軽くいたるところに疎林の広い斜面があり思う存分山スキーが楽しめる。

2017.5.14 十勝連峰 上富良野岳


D尾根経由で上富良野岳へ。雪面はツボ足でも行けそうな湿雪ですが稜線直下の急斜面は全員シートラーゲンで担ぎ上げでした。

天気予報が少し外れたのか素晴らしいスカイブルーがどこまでも

ハイマツ漕ぎもこの時期ならではの登山方法

D尾根上部まで来ると上ホロ・十勝本峰がくっきり

安政火口崩壊地の荒々しい地形

三峰山、富良野岳

上富良野岳頂上はすっかり雪が消え夏山の様相

富良野岳の向こうには芦別岳、夕張岳

東にはニペソツ、石狩の東大雪が遠望  (ニペソツ山は幌加温泉コースでの開通に向けて調査中との事)

上富良野岳頂上からD尾根と崖尾根(右側)

 

 

 

2017.5.05 知床 羅臼湖周辺


雪融けが進む羅臼岳を後ろに見ながら大沢を詰め知西別岳頂上までスキー登山。知床ではめずらしく高温無風状態の贅沢な天気となりました。

頂上では360度の大パノラマが広がり羅臼岳から硫黄山、遠音別岳、海別岳そして国後島爺爺岳・羅臼山も望むことができます。

遠音別岳

羅臼岳、羅臼湖、国後の雄大な景色を望みながらのスキー滑降

朝陽が国後から昇ってきました

天頂山からのスキー滑降は至る所がスキー場、広く長い斜面がどこまでも続きます。

天頂山頂上からの羅臼岳

天頂山頂上からの知西別岳、左下、縞模様の雪面が羅臼湖

五の沼と知西別岳

2017.4.23 十勝連峰 美瑛富士スキー登山


 

しばらくぶりの美瑛富士スキー登山、新雪が堅雪の上に5㎝ほど積もった歩きやすい斜面の樹林帯を美瑛富士1888m目指します。

森林限界を越えハイマツ帯の雪が繋がったルートを選びながら進めて行くと青空が見えだし美瑛富士の頂上稜線がくっきりと現れてきました。

 

1600mを越えるあたりからはガスが濃くなり登頂はあきらめスキー滑降を楽しみながらの下山

 

2016.11.30 大雪山 旭岳ドライパウダー


dscn4494

旭岳ロープウエイ山麓駅周辺(標高1100m)では現在積雪2m、例年に比べ1ヶ月ほど早いペースで降り積もり旭岳ロープウエイは一週間早く12月3日からの運行開始。

dscn4504

第二天女ヶ原では極上パウダーが迎えてくれました。ラッセルされたトレースは膝上を越えるほどの深さです。

dscn4510

雪の花(霧氷)が斜面一帯に咲き青空とのコントラストが見事

dscn4523

無風状態での降雪のため美しい大雪原が広がっていました。

dscn4561

姿見の池展望台付近から望む旭岳。頂上稜線の雪煙は強風によるもの

dscn4568

旭岳ドライパウダースノー

dscn4569

dscn4572

オープンに向けてコース整備が進んでいます。

 

2016.4.09 冬山救助訓練  


DSCN3559

知床・硫黄東岳にて救助訓練に参加。北海道振興局、道警、自衛隊、山岳会の総勢70名

DSCN3565

ビーコン、プローブで埋没者捜索訓練

DSCN3566

発見後、救命処置とラップ保温を行いスケッドストレッチャーに収容

DSCN3567

DSCN3569

救助ヘリ降下地点へ搬送訓練

DSCN3575

最近、バックカントリーブームでのスキーヤー、ボーダーの遭難事故が多くなってきていますが、このような訓練だけで終わるよう祈ってます。

 

 

 

追加画像

DSCN3554

羅臼岳、三ッ峰、サシルイ岳

DSCN3552

国後からの日の出

DSCN3579

斜里岳

2016.3.20-21  大雪山 富良野岳・三段山 山スキー


DSCN3406-001

毎年この時期に行っている、知床羅臼、札幌の山仲間との交流山行で今回は富良野岳、三段山へ

DSCN3407-001

富良野岳ジャイアント尾根1500m付近では霧氷と新雪が迎えてくれました。

DSCN3414-001

DSCN3420-001

DSCN3440-001

DSCN3445

DSCN3464-001

三段山コース、昨日降った10㎝の新雪パウダーのなか進みます

DSCN3468-001

DSCN3469-001