大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2016.8.25 大雪山 裾合平



DSCN4702

姿見駅から15分、夫婦池から地獄川を越え裾合平方面へ進むと濃い藍色のリンドウの群落が目に飛び込んできます。旭岳を背景にアキノキリンソウ、チングルマ綿毛とエゾオヤマリンドウ

DSCN4699

DSCN4705

中には白花も

 

DSCN4688

裾合平ではひと月前にぎわったチングルマが綿毛となり大群落を作り、名前の由来となる稚児車が風に吹かれ回っているかのようにも見えます。

DSCN4673

当麻岳から北鎮岳への稜線、中央は大塚

 

DSCN4684

裾合平チングルマ大群落の核心部、後方は旭岳

DSCN4678

DSCN4692

裾合平の環境保全のため登山道の浸食が広がらないよう少しでも食い止めることができればとボランティアによる作業を行っています。

テンサー工法:高強度のプラスチック製のネットを丸めたものをつなぎ合わせ、中に砂利や石を入れ土砂の流出を少しでも止め、植生の回復を促す工法。

 

 

2016.8.18 大雪山 トムラウシ山



DSCN4590

昨夜、北海道に上陸した台風7号の影響で短縮コース登山口へ通じる林道では2か所で風倒木が道路上に。登山者全員で何とか通行可能に、少し遅れての出発となりました。

DSCN4593

地元のリピーターさん。あきらめかけていたトムラウシ山が近づいてきました。  コマドリ沢(雪渓は登山道上には全くありません)

DSCN4595

前トム平からはトムラウシ山が雲間に姿を現しました。

DSCN4604

トムラウシ公園

DSCN4607

DSCN4610

早くも色づき始めたウラシマツツジ

DSCN4614

DSCN4624

チングルマ

DSCN4628

雪解けの遅かったところではまだお花を楽しめます。 チングルマ・エゾノツガザクラ

DSCN4632

アオノツガザクラ

DSCN4633

トムラウシ公園のすばらしさには感動されたようです。

DSCN4635

遠く黄金ヶ原ではイワイチョウ群落の黄葉が進んできているのが確認できます。

DSCN4637

頂上直下の登り。後方には南沼

DSCN4639

頂上からは時折、雲間から青空が覗きまずまずの展望

DSCN4643

一緒に連れてこられたプルートも頂上を踏みました。

2016.8.10 大雪山 旭岳~黒岳縦走



DSCN4524

東京から夏休みを利用してお孫さんと大雪山縦走に参加いただきました。

DSCN4532

素晴らしい天気に恵まれ360度の大パノラマを堪能

DSCN9131

トムラウシ、十勝、日高、夕張、暑寒の山々

DSCN9135

地獄谷

DSCN9136

今日の目的地、黒岳を確認。表大雪、北大雪、東大雪、阿寒、知床まで遠望

 

DSCN4535

裏旭の大雪渓はまだ大きな姿を見せています

DSCN9140

雪が解けたところではやっと夏のお花が咲き出しました。

DSCN9147

ヨコヤマリンドウ

DSCN9143

まだこのようなお花畑が見られます。 エゾノツガザクラ、チングルマ

DSCN9149

裏旭の大雪渓

 

DSCN4537

熊ヶ岳

DSCN4539

 

DSCN9161-001

 

DSCN9162

DSCN9152

お鉢の外輪山から黒岳方向

DSCN9164

 

 

DSCN4544

DSCN9172

石室に住み着いているのかエゾシマリスが愛嬌をふりまいていました

DSCN4554

黒岳東斜面では、チシマノキンバイソウ、ダイセツトリカブト、ナガバキタアザミ、オニシモツケ、エゾニュウ、チシマヒョウタンボクなど

 

DSCN4548

DSCN4550

 

 

 

 

2016.8.06 大雪山 緑岳



DSCN9057

白雲小屋周辺ではクモイリンドウが開花しました。

DSCN9010

高根ヶ原上空。稜線へ上がるにつれて肌寒さを感じる強い風が・・・秋の訪れでしょうか。

DSCN9017

ウメバチソウ、ハイオトギリなど秋のお花たちが目立ち始めました。

DSCN9019

DSCN9020

東大雪の秀峰、ニペソツ

DSCN9023

トムラウシ山の頭が見えだしました。高根ヶ原雪渓下部は高原沼

DSCN9026

DSCN9029

東方向には、阿寒連山、知床の山々も薄く確認できました。

DSCN9046

トカチフウロ

DSCN9050

8月11日「山の日」あたり以降が見頃でしょうか。

DSCN9062

チシマギキョウとともに目立つキバナシオガマ

DSCN9077

チョウノスケソウが陽に当たり艶のある綿毛が輝いています。

DSCN9080

板垣新道から白雲小屋と白雲岳

DSCN9089

夏休みの土曜日とあって緑岳山頂はいつになく賑わってます。

DSCN9096

第二花畑から緑岳。チングルマが花盛り

DSCN9114

第一花畑ではチングルマ綿毛が目立ちます

 

 

2016.8.05 大雪山 旭岳



DSCN4478

姿見駅から7合目付近までは雲の中、強風とジリ雨も伴い引き返す登山者も

DSCN4479

わずか数分後、ご覧のお天気に。遠く四国は高松から一人旅で旭岳へ、やはり晴れ女の効果でしょうか。歓声が近くでも聞こえました。

DSCN4497

山頂は風速15mほどの強い風ですがこの景色では気になりません。

DSCN4499

まだ登山歴が浅く、北海道の山は初めてとのこと、また来年も来てください。

DSCN4502

DSCN4506

雲海でトムラウシ山、十勝連峰は見えず

DSCN4508

DSCN4512

夫婦池付近ではエゾオヤマリンドウの鮮やかな青色とアキノキリンソウの黄色が早くも秋の訪れを感じさせます。

2016.7.31 大雪山 赤岳~小泉平~白雲小屋



DSCN4361

銀泉台第一花園の雪渓もほぼ消え、斜面にはチングルマ、アオノツガザクラが咲き出してきました。あと一か月余りでこの斜面は錦絵のような紅葉に様変わりします。

DSCN4364

第一花園から急斜面を上った休み場にはリンネソウのかわいいピンク色の群落が見られます。

DSCN4368

まだびっしりと張り付いている感じです。雪解け部分からはエゾコザクラ、チングルマ

DSCN4373

コマクサ平の台地へ出るとチシマツガザクラの花がまるで線香花火。

DSCN4376

コマクサはまだまだ楽しめます。

DSCN4381

第三雪渓はまだほとんどが雪上歩きです。ステップを頼って歩けば下りもなんとか行けます。

DSCN4383

7月の終わりだというのにこの残雪の多さにさすが大雪山・・・と栃木県から参加の女性

DSCN4391

視界はあまりよくありませんが、お花たちがここまででも結構見られたので、小泉平も楽しみ

DSCN4393

天然記念物ウスバキチョウの幼虫

DSCN4398

レブンサイコとムカゴトラノオ

DSCN4402

チョウノスケソウはもうほとんど終わっていました。

DSCN4416

チシマギキョウ

DSCN4422

エゾツツジは満開

DSCN4427-001

大きなコマクサの株、30個ほどの花を付け女王の貫禄十分

DSCN4432-001

シロバナエゾツツジ

DSCN4438

チョウノスケソウの綿毛はパーマがかかったような巻き毛です。

DSCN4446

板垣新道から白雲小屋、白雲岳

DSCN4464

白雲小屋の周りは今が花盛り。ウコンウツギとウラジロナナカマド。エゾコザクラ、チングルマ、ミヤマキンバイ、エゾノツガザクラも満開

DSCN8985

クモイリンドウの先が見えだしてきました。

DSCN8988

エゾタカネツメクサ

DSCN8990

キバナシオガマはほとんどが終わっていましたが、中にはまだしっかりした株もあります。

DSCN8992

小屋から望む高根ヶ原、トムラウシ方向

DSCN8994

小屋前の野営場。

DSCN8996

チシマノキンバイソウ

DSCN8997

エゾノハクサンイチゲと白雲小屋

DSCN8999

DSCN9004

エゾヒメクワガタ