大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2016.7.14 大雪山 十勝岳


DSCN4120

望岳台を出発した時点にかかっていた厚い雲が1700m台地に上がるなりすばらしい青空が広がり、一斉に歓声が響き渡りました。

DSCN4122

美瑛岳の向こうには表大雪の山並みも見えてきます。

DSCN4128

DSCN4129

DSCN4131

明日、登山予定の富良野岳の姿も

DSCN4134

DSCN4135

DSCN4137

白煙を上げる火口群

DSCN4140

DSCN4143

2016.7.08 大雪山 十勝岳


DSCN3986

標高930mの望岳台は火山活動の影響で森林限界が低くハイマツや高山植物のエゾイソツツジ、ウラジロタデ、メアカンキンバイ、シラタマノキ、イワブクロ・マルバシモツケなどが群生し、また火山れきの岩場に生息するナキウサギなどの貴重な動物が見られます。東京からの登山ツアー一行も涼しい山歩きを期待していたのに・・・・・・

DSCN3985

道沿いに咲くイワブクロ

DSCN3987

1700mの台地に出ると気持ちの良い風が吹き、山の景色も一変、北には主峰旭岳をはじめとする表大雪、目の前には荒々しい美瑛岳、火山活動によって出来たすり鉢火口、グランド火口の火口群の雄大な姿が飛び込んできます。

DSCN3989

登山道の残雪はすっかり消え快適な登山が続きます。

DSCN3990

肩に出ると濃い緑の山、富良野岳と荒々しい山容の上ホロカメットク山、遠く夕張岳、芦別岳が視界に入ってきます。

DSCN3992

頂上では最高の景色を楽しみながらの昼食でした。頂上柱の右奥にはトムラウシ山。

DSCN3993

美瑛岳・旭岳方面

2016.7.01 大雪山 十勝岳


DSCN8785

十勝岳一帯は火山活動の影響で森林限界が低く、標高1000mに満たない望岳台地点では礫地が広がり植生の乏しい景観となっています。

DSCN8784

望岳台では今、防災施設工事が9月中の完成を目指し急ピッチで進められています。

DSCN8787

望岳台周辺からマルバシモツケ、エゾイソツツジ、ハイマツ、ウラジロタデ、メアカンキンバイが盛り。2か所の噴煙の間が十勝岳山頂。

DSCN8788

 

DSCN3881

 

DSCN8790

活発な活動を続ける大正火口と62-Ⅱ火口

 

DSCN8792

標高1800m付近の台地は植物がほとんど見られない荒涼とした地形が頂上まで続きます。右、グランド火口

DSCN8793

美瑛岳の左奥には表大雪の山々が一望

DSCN8795

登山道上の残雪はありません。

 

DSCN8797

富良野岳後方には夕張山系の芦別岳、夕張岳が連なります。

DSCN8809

山頂の南側は大きく切れ落ち崖の東側稜線を回り山頂へ。奥にオプタテの頭、その右奥にトムラが。