大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2018.7.26 大雪山 裾合平


裾合平が白く色づき出してきました。ほぼ九分咲きでしょうか。週末にはまだまだ濃い色づきになりそうです。。

旭岳と白鳥の雪渓

当麻岳

北鎮岳方向

旭岳登山道を歩く登山客の行列が続いています。

鏡池

すり鉢池

ロープウエイ前のお花畑もにぎやかです。

🔴例年、7月20日前後になると裾合平では、200ヘクタール(東京ディズニーランドの約4倍)もの広さの中にチングルマ、エゾコザクラ、エゾツガザクラ、エゾノハクサンイチゲな    どが群落を作り圧倒的なお花畑をこの時期に見ることができます。中でもチングルマの大群落はことばが出ないほどの感動を与えてくれるでしょう。

2018.7.18 大雪山 裾合平


抜けるような青空の旭岳、千葉から参加のご夫婦

歩きだして15分ほどで目に入ってくる景色。チングルマ群落と旭岳

旭岳の沢筋にはまだ厚い残雪が

旭岳北斜面に現れる白鳥の雪形

低温による雪解けの遅れでチングルマの開花が遅れています。まだ固いつぼみ状態で群落が見られるのはもう少し先のようです。

エゾコザクラ、バイケイソウ

姿見園地のチングルマは今が盛りと賑わいを見せていました。

 

2018.3.10 旭岳・裾合平方面


 

昨日の雨による融雪被害をもたらした低気圧も去り、青空の広がる旭岳姿見園地。すり鉢池から旭岳、裾合平方面

硬くなった雪面に新雪が軽く積もりスノーシューでちょっと遠出を楽しみました。

大雪原の遥か向こうには十勝連峰が望め、雪と青空のコントラストがとても美しい

旭岳北側斜面

この辺りは火山活動による地熱の影響で地表面が現れ濃い緑色の苔が見られます。

当麻岳から安足間岳稜線、大塚、小塚、比布岳、北鎮岳の白い峰々がくっきり

 

2017.7.19 大雪山 裾合平


旭岳 姿見園地はお花盛り、特にチングルマの群落があちこちで見られます。

鏡沼に映る旭岳

白鳥雪渓もしっかりと羽を伸ばしました。

 

チングルマ大群落

素晴しい天気に恵まれ、大雪山の広大なお花畑に感動、愛知県からお越しいただきました。

2017.7.15 旭岳 裾合平


姿見駅を出発して間もなくハイマツの枝先にギンザンマシコ♂が軽やかな囀りと共に我々を見送ってくれました

姿見園地内からのチングルマ群落、旭岳を背に見事な絶景

当麻岳方向

旭岳北斜面に現れる白鳥雪渓。旭川近郊から参加の皆さんと美しい雪形に感動

目的地の裾合平ではチングルマ大群落が迎えてくれ、まだ一週間くらいは楽しませてくれそうです。

ミヤマキンバイ

エゾノリュウキンカが見頃

中岳温泉では足湯を楽しむ登山客で大賑わい

 

2016.8.25 大雪山 裾合平


DSCN4702

姿見駅から15分、夫婦池から地獄川を越え裾合平方面へ進むと濃い藍色のリンドウの群落が目に飛び込んできます。旭岳を背景にアキノキリンソウ、チングルマ綿毛とエゾオヤマリンドウ

DSCN4699

DSCN4705

中には白花も

 

DSCN4688

裾合平ではひと月前にぎわったチングルマが綿毛となり大群落を作り、名前の由来となる稚児車が風に吹かれ回っているかのようにも見えます。

DSCN4673

当麻岳から北鎮岳への稜線、中央は大塚

 

DSCN4684

裾合平チングルマ大群落の核心部、後方は旭岳

DSCN4678

DSCN4692

裾合平の環境保全のため登山道の浸食が広がらないよう少しでも食い止めることができればとボランティアによる作業を行っています。

テンサー工法:高強度のプラスチック製のネットを丸めたものをつなぎ合わせ、中に砂利や石を入れ土砂の流出を少しでも止め、植生の回復を促す工法。

 

 

2016.7.12 大雪山 旭岳裾合平方面


DSCN8813-001005

旭岳ロープウエイ姿見駅から夫婦池分岐を裾合平方面に進み、涸れ沢を渡り階段を上るとこの光景が目に飛び込んできます。エゾノツガザクラ、チングルマの見事な群落。裾合平のチングルマ群落が見られるまでの間、楽しめるお花畑です。(所要20分) *お天気に恵まれると背景に旭岳とスカイブルーが加わります。

DSCN8823

DSCN8821

DSCN8820

DSCN8826

DSCN8825

DSCN8812