大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2016.8.06 大雪山 緑岳



DSCN9057

白雲小屋周辺ではクモイリンドウが開花しました。

DSCN9010

高根ヶ原上空。稜線へ上がるにつれて肌寒さを感じる強い風が・・・秋の訪れでしょうか。

DSCN9017

ウメバチソウ、ハイオトギリなど秋のお花たちが目立ち始めました。

DSCN9019

DSCN9020

東大雪の秀峰、ニペソツ

DSCN9023

トムラウシ山の頭が見えだしました。高根ヶ原雪渓下部は高原沼

DSCN9026

DSCN9029

東方向には、阿寒連山、知床の山々も薄く確認できました。

DSCN9046

トカチフウロ

DSCN9050

8月11日「山の日」あたり以降が見頃でしょうか。

DSCN9062

チシマギキョウとともに目立つキバナシオガマ

DSCN9077

チョウノスケソウが陽に当たり艶のある綿毛が輝いています。

DSCN9080

板垣新道から白雲小屋と白雲岳

DSCN9089

夏休みの土曜日とあって緑岳山頂はいつになく賑わってます。

DSCN9096

第二花畑から緑岳。チングルマが花盛り

DSCN9114

第一花畑ではチングルマ綿毛が目立ちます

 

 

2013.6.27 大雪山・緑岳



山裾では雪解けが遅れ開花が遅れ気味ですが、稜線では早くも競い合うように咲き出しています。緑岳から小泉岳への長い稜線上ではイワウメとエゾオヤマノエンドウが先ず目に入ってきます。やがて板垣新道分岐からはホソバウルップソウ、チョウノスケソウが見られます。

チョウノスケソウと緑岳へ続く登山道。(はげ山のように見えますが小さなお花畑が 延々とつづきます)奥にはトムラウシ山が遠望

ホソバウルップソウ(大雪山固有種)のピークは過ぎてきています。

エゾオヤマノエンドウ、右斜面は白雲岳、奥に後旭 岳、旭岳、熊ヶ岳

左側雪渓上部奥が緑岳頂上。

エゾタカネスミレ、これから黄色の大きな株があちこちで目立ち始めます。

コマクサもこれからです。近くをウスバキチョウが忙しく飛び回って いました。

ウラシマツツジの葉に 翅を休めるウスバキチョウ。

まだまだゴージャスな姿になります。キバナシオガマ(大雪山固有種)

レブンサイコとチシマキンレイカ

右、白雲岳(ピークは奥稜線)、左奥には後旭岳 、旭岳、熊ヶ岳方面

左側、石狩連峰、中央奥、ニペソツ山

第一花畑から見る緑岳。第二花畑までびっしり雪が残り、道迷いが頻繁に発生しています ので地図、コンパスをお忘れ無く。クマ除けの準備も。

*6月27日午前11時にやっと銀泉台口から入山できるようになりました。