大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2017.7.26 大雪山 黒岳~北鎮岳縦走



 

黒岳9合目付近では濃い紫のダイセツトリカブトが目立ち始めました。

頂上直下、マネキ岩とチシマノキンバイソウ

抜けるようなスカイブルーの黒岳頂上、大雪山を象徴するような景色に感動、連日、好天に恵まれ最高の大雪山めぐりになりそうです。

残雪模様の美しい表大雪の山々

雲ノ平ではアースハンモックという直径1~2m、高さ20㎝ほどの地面の盛り上がりが多数観察できます。凍結と融解の繰り返しによって作られた構造土のひとつ。

チシマツガザクラ

イワギキョウ

大雪山の中央火口とも呼ばれる様に何度も大噴火を起こしたとされ、中には立派な成層火山がありましたが3万年ほど前の大爆発によって吹き飛ばされ、そのあとに直径2キロほどのカルデラが形成されました。底の白っぽい泥は湖底堆積物で湖が存在していた証です。太古の地球の姿が見られるお鉢平展望台

北鎮岳から黒岳方面を見ると溶岩台地の雲ノ平に溶岩円頂丘と呼ばれる盛り上がった山岳が並んでいるのようすがわかります。

北鎮分岐直下斜面にはまだ残雪があります。下りは特に注意

北鎮岳頂上からは360度の大パノラマが展望。後方は愛別岳、比布岳

 

旭岳と裾合平方面

お鉢平全景。後方に白雲岳、トムラウシ山方向

 

桂月岳頂上から石室、赤岳、白雲岳方面

黒岳周辺で会いたかったギンザンマシコに

 

 

 

2016.9.01 大雪山紅葉 黒岳



DSCN4728

台風一過の大雪ダム。いつもの大雪湖の姿はありません、貯水量が満水状態のため放流、石狩川は濁流と化し層雲峡温泉からは恐ろしいくらいの勢いで流れ下っています。川岸や中州には大量の流木が重なり合って打ち上げられていました。

旭岳、黒岳周辺の登山口への林道、登山道もかなり被害を受けています。関係分では、銀泉台、高原温泉への林道は不通となっています。開通予定は紅葉期のシャトルバスが運行するころには開通とのことですが、これ以上天気が荒れないことを祈ります。                          詳細:層雲峡ビジターセンター 

DSCN4741

黒岳頂上からポン黒岳の稜線にはウラシマツツジが色づき出しました。中々寒くならず例年よりは遅い紅葉になりそうです。

 

 

DSCN4745

DSCN9186

DSCN4748

ヒメイワタデ、後方は桂月岳、凌雲岳、北鎮岳

DSCN4763

DSCN4762

石室周辺、雲ノ平はまだほとんど紅葉が見られません。

DSCN4767

黒岳登山道のウラジロナナカマド、実がやっと赤くなりました。

DSCN4738

ダイセツトリカブト

DSCN4732

アリドウシラン

 

DSCN4769

先日オープンした、「黒岳カムイの森」。7合目駅から15分・360mの散策路はダケカンバ、ナナカマドの紅葉が楽しめそうです。

DSCN4770

DSCN4771

DSCN4772

DSCN4777

あまりょうの滝展望台からは黒岳、マネキ岩を望めます。

DSCN4773

あまりょうの滝

DSCN4783

展望台広場