大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2018.6.23 赤岳



8ヵ月ぶりに銀泉台線が開通。まだ残雪が多く見られる登山道にはショウジョウバカマの鮮やかな姿が目につきました。

第一花園はまだ厚い雪の下、大斜面を滑降するスキーヤーが最後のシーズンを楽しんでいました。右奥、ニセイカウシュッペ山

大斜面をトラバースしてコマクサ平方面へ。 雪山歩きが不安な方は簡易アイゼンの装着をお勧めします。

 

悪路だった第二花園への登山道は整備され大変歩きやすくなりました。

第二花園雪渓

ヒメイソツツジ

イワウメ

コマクサ平ではコマクサの花芽が葉の中から顔を出してきました。強風のためウスバキチョウは確認できず、ダイセツタカネヒカゲ1頭岩陰に身を寄せているのが確認

見事なミネズオウの群落

第三雪渓はコース中最大の雪渓。シートラで最上部を目指すスキーヤー

第四雪渓

 

 

赤岳頂上周辺は猛烈な強風(瞬間風速で30m/S)のため小泉平方面への登山は中止。

白雲岳、旭岳方面

烏帽子岳、黒岳、凌雲岳方面

メアカンキンバイ

2017.8.27 大雪山 赤岳



9月中旬には錦絵のような彩りを見せてくれる第一花園大斜面

アリドオシラン、高さ5cm、花の長さ5mmほど。登山道脇の笹薮の中にひっそりと純白の花を付け咲いていました。

第一花園から遠くに望む阿寒連山

第二花園は今が花盛り。雪渓は解け切らずに残りそうです。    チングルマ

エゾコザクラ

ウラシマツツジの紅葉

ピンク色の花弁がまだしっかりと残るコマクサ            コマクサ平

「大雪の貴婦人」クモイリンドウも終わりかけです

コケモモ

第三雪渓の燃えるような紅葉ももう少し

強風の赤岳頂上

岩陰で色づくヒメイワタデ

 

一番多く見られたウメバチソウ

第一花園大斜面を見晴らせる沿道脇に登山道補修用の石材が積まれています。第一花園上部の展望台から第二花園の間は,雪融けや雨水による浸食が進み、ぬかるみや水たまりを避けようとして更に植物が踏圧によって痛められ登山道の拡大や複線化が発生しています。これらを少しでも食い止めるためにこの石材が必要なのです。「ご協力よろしくお願いします」

シマリスさんからもよろしくお願いします。

2017.6.24 大雪山 銀泉台~赤岳



赤岳登山口にあたる銀泉台、紅葉期には多くの登山客で賑わう第一花園はまだ残雪が厚く300mほどのトラバースを強いられます。一部に氷雪となって滑りやすくなっている個所があるので慎重に。

お花たちも咲き出しては来ましたが開花状況は遅れ気味のようです。ショウジョウバカマ、キバナシャクナゲ、イワウメ、ミヤマキンバイ、ウラシマツツジ、ミネズオウ、チシマキンレイカ

コマクサ平のコマクサもまだこれからという感じです。天気もありますがウスバキチョウは1頭も確認できませんでした。

 

第三雪渓

第四雪渓

頂上稜線に出ると風雨が強まり引き返すことに、ホソバウルップソウ、チョウノスケソウの開花ももう少し先のようです。

 

 

 

 

2016.9.18 銀泉台~赤岳~白雲岳 紅葉・初雪


dscn3900

銀泉台の紅葉もやっといい色づきになってきました。

dscn3904

雲海の朝  第一花園から北大雪方向

dscn3913

コマクサ平から東岳

dscn3916

ウラシマツツジの濃い朱色が輝きまぶしいくらい

dscn3919

右にニペソツが遠望、東大雪

dscn3922

第三雪渓。今年は遅れています。

dscn3929

dscn3930

dscn3934

dscn3936

赤岳頂上から旭岳、北鎮岳方向

dscn3946

まだ暑い日が続く茨木からのリピーターさん、天気に恵まれた紅葉狩りとなりました。

dscn3954

白雲岳火口跡、奥、小稜線の間からトムラウシ山の頭

dscn3956

白雲岳頂上から。7月には残雪の縞模様が美しい所

dscn3958

dscn3965

下り、白雲岳分岐付近でついに初雪です。

dscn3967

赤岳頂上でも雪

dscn3975

道沿いにもハイオトギリの美しい紅葉

2016.7.31 大雪山 赤岳~小泉平~白雲小屋



DSCN4361

銀泉台第一花園の雪渓もほぼ消え、斜面にはチングルマ、アオノツガザクラが咲き出してきました。あと一か月余りでこの斜面は錦絵のような紅葉に様変わりします。

DSCN4364

第一花園から急斜面を上った休み場にはリンネソウのかわいいピンク色の群落が見られます。

DSCN4368

まだびっしりと張り付いている感じです。雪解け部分からはエゾコザクラ、チングルマ

DSCN4373

コマクサ平の台地へ出るとチシマツガザクラの花がまるで線香花火。

DSCN4376

コマクサはまだまだ楽しめます。

DSCN4381

第三雪渓はまだほとんどが雪上歩きです。ステップを頼って歩けば下りもなんとか行けます。

DSCN4383

7月の終わりだというのにこの残雪の多さにさすが大雪山・・・と栃木県から参加の女性

DSCN4391

視界はあまりよくありませんが、お花たちがここまででも結構見られたので、小泉平も楽しみ

DSCN4393

天然記念物ウスバキチョウの幼虫

DSCN4398

レブンサイコとムカゴトラノオ

DSCN4402

チョウノスケソウはもうほとんど終わっていました。

DSCN4416

チシマギキョウ

DSCN4422

エゾツツジは満開

DSCN4427-001

大きなコマクサの株、30個ほどの花を付け女王の貫禄十分

DSCN4432-001

シロバナエゾツツジ

DSCN4438

チョウノスケソウの綿毛はパーマがかかったような巻き毛です。

DSCN4446

板垣新道から白雲小屋、白雲岳

DSCN4464

白雲小屋の周りは今が花盛り。ウコンウツギとウラジロナナカマド。エゾコザクラ、チングルマ、ミヤマキンバイ、エゾノツガザクラも満開

DSCN8985

クモイリンドウの先が見えだしてきました。

DSCN8988

エゾタカネツメクサ

DSCN8990

キバナシオガマはほとんどが終わっていましたが、中にはまだしっかりした株もあります。

DSCN8992

小屋から望む高根ヶ原、トムラウシ方向

DSCN8994

小屋前の野営場。

DSCN8996

チシマノキンバイソウ

DSCN8997

エゾノハクサンイチゲと白雲小屋

DSCN8999

DSCN9004

エゾヒメクワガタ

2016.6.29 大雪山 赤岳~小泉平



 

DSCN3851

銀泉台第一花園の雪渓。上部300mほどのトラバースが待っています。

DSCN3847

DSCN8701

コマクサ平は今週末くらいから、にぎやかになりそうです。

DSCN8706

第三雪渓の大きさはこの時期としては今までにない規模です。

DSCN8708

DSCN8709

左から二つめが旭岳、右に北鎮岳

DSCN8714

イワウメと白雲岳、右に後旭岳と旭岳———小泉平

DSCN8718

空の青に染まってしまいそうなホソバウルップソウ。 咲き出しました!!

DSCN8722

チシマアマナ

DSCN8725

ミヤマキンバイ

DSCN8729

秋には燃えるような紅葉を見せてくれるウラシマツツジ

DSCN8732

DSCN8734

高根が原、トムラウシ、十勝連山が一望

DSCN8742

エゾオヤマノエンドウとトムラウシ山

DSCN8743

 

DSCN8747

DSCN8752

DSCN8758

東大雪の山並み。右奥にはニペソツ山

DSCN8759

緑岳

DSCN8769

つぼみをいっぱい付けたチョウノスケソウ

DSCN8771

DSCN8775

DSCN8780

ミヤマタネツケバナ