大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2019.8.04 道東三山③ 雌阿寒岳



メアカンキンバイはほとんど終わりメアカンフスマ、イワブクロが見られた

神秘のオンネブルー

ハイマツとガレの8合目

赤沼

後方は阿寒湖温泉方面

噴火口内には円形の青沼が見え、轟音と噴煙が活火山であることを確認

阿寒湖側カルデラ

オンネトーから雌阿寒岳、阿寒富士

世界でも最大の陸上で観察できるマンガン鉱物生成場所として注目されている。昭和20年代には製鉄の際には不可欠の添加物、また乾電池の原料として採掘されていたそうだ。

2019.8.03 道東三山② 斜里岳



登りは変化に富んだ滝をめぐる沢コース、下りは斜里岳の頂上稜線を振り返りながらの尾根歩きが楽しめる。 沢の岩壁にダイモンジソウが迎えてくれる

輪生する葉が車輪に見立ててクルマユリ

鉄分が多いためか岩肌が赤くザラついていて滑りづらい

下二股からは沢に沿って、へつりや滝を巻いたりさまざまな場面が現れ気が抜けない

胸突き八丁を登り、ガレ場を過ぎると馬の背に。右奥、山頂

 

斜面は急峻で崩れやすい

羅臼岳に続き二つ目の山頂。頂上からは摩周湖、摩周岳、硫黄山、海別岳が霞んではいたが確認

南斜里岳の奥には武佐岳

フタマタタンポポ

不思議な藻に覆われ透明度の高い竜神の池

2019.8.02 道東三山① 羅臼岳



登山口にある木下小屋

雪渓が消え羅臼平まで続く大沢

森林限界を越えると高山植物が目に入ってきます。イワギキョウ、メアカンフスマ、メアカンキンバイ、エゾツツジ、チングルマ、イワブクロなど

羅臼平に出ると眼前に羅臼岳山頂ドームの姿が飛び込んできます。

岩清水の湿潤な場所に咲くチシマクモマグサ

山頂ドームへの登り口は花盛り

 

巨岩帯は下山時も慎重に

遠くに硫黄山、知円別岳の爆裂火口がうかがえる

大阪からのリピーターさん、初日は暑すぎる羅臼岳でした。

西側方面は横断道路、羅臼湖、知西別岳、遠音別岳など斜里岳方面が遠望

左、ウトロ側(オホーツク海)、右、羅臼側(太平洋)雲海の奥には国後島

岩陰にひっそりとエゾツツジ

 

 

2018.8.03 増毛山地 暑寒別岳



登山口に建つ山小屋、暑寒荘

歩きだしてすぐ色鮮やかなエゾアジサイが目を引きます。

トドマツの植林地を歩き出し北尾根に出、佐上台を過ぎると五合目

豪雪地帯だけあってハイマツの高さも3m以上はある。

まだ遥か遠くに暑寒別岳の山頂台地が望めます。旭川の常連さんもこの暑さで苦戦

ポンショカンベツ川の深い谷間に雪解け水が流れ落ちているのが見られます。

山頂稜線が少し近づいてきました。

最後に待ち構えていた高低差250mの急登。足場の悪いガレを悪戦苦闘

出迎えてくれたエゾトリカブト

山頂からの大パノラマ。左から奥徳富岳、群別岳

さらに浜益、雄冬の山々

花が細かく切れ込んだタカネナデシコ

秋のお花、ウメバチソウ

マシケオトギリ

レブンサイコ、マシケゲンゲ(葉っぱのみ)

 

東には南暑寒岳と道内最大規模の雨竜沼湿原

7月の大雨で町道の一部が崩落し現在通行止めとなっています。開通のめどはたっていません。

石材で作られた祠には「国稀」の二合瓶が供えられてました。

 

 

2018.7.29-31 羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳



7月29日 羅臼岳

台風12号による影響を何とか交わし無事北海道へ、福岡からの常連さん、道東三山の山旅に参加いただきました。初日から猛暑の予報のため水分を多めに準備して出発。

 

大沢の雪渓もほとんど消えかかり残り僅か

エゾコザクラ、チングルマ、エゾツツジ、メアカンフスマ、エゾヒメクワガタが大沢上部で観察

羅臼平から望む羅臼岳山頂

 

期待していた「岩清水」は涸れて残念。

国後島をバックに

三ッ峰、サシルイ、硫黄山をチングルマ越しに

溶岩ドームの巨岩帯を一歩一歩確実に

この絶景には登りの疲れがいっぺんに吹っ飛んだようです。

この感動を全身で表してくれました。

羅臼岳山頂からの大展望。羅臼湖、遠音別岳、斜里岳はあいにく雲の中。オホーツク海の青さと山の濃い緑が鮮やか

 

7月30日 斜里岳

少しは涼めそうな旧道コース(沢コース)から出発。

一の沢沿いに徒渉を繰り返しさかのぼっていく

鉄分が多いせいか岩肌が赤くザラつき滑りづらいので歩きやすい

大小さまざまな滝を右に左に巻きながら注意して進みます

這うようなダケカンバの斜面の潜り抜け

急こう配の岩場では三点支持で確実に

徐々に水量が少なくなり上二股までもう少し。

胸突き八丁を踏ん張り、馬の背に出ると一気に視界が広がり知床、国後、山頂の姿が目に飛び込んできました。

海別岳(うなべつだけ)の左奥には羅臼岳から硫黄岳、右に国後

 

馬の背から見上げる斜里岳山頂

強い風の山頂でしたが360度の大パノラマに大満足

摩周湖、硫黄山、屈斜路湖は雲海の中、阿寒連山がかすかに見えます。

頂上直下の砂礫にはフタマタタンポポ

ミヤマダイコンソウ

熊見峠周辺から斜里岳を振り返る

7月31日 雌阿寒岳

野中温泉登山口から出発。見事なアカエゾマツの樹林帯を過ぎハイマツ帯を越える頃眼下にエメラルドブルーのオンネトーが山の肩越しに見えてきます。

イワブクロ

メアカンキンバイ、メアカンフスマなど固有種ではないが「雌阿寒」の名が冠に付く。

頂上直下はハイマツとガレ場が続く

雌阿寒岳山頂付近は火口が大きく切れ落ち底には赤沼、青沼が不思議な色合いの水をたたえています。

雌阿寒岳山頂から阿寒湖、雄阿寒岳を望む

阿寒富士と青沼

阿寒富士分岐寄りに下ったところから山頂を望む

 

 

三日間の山行、大変お疲れ様でした。思いもよらない暑さにはかなりバテ気味になられたようですが、青空の下ケガなく終えることができました。

知床五湖高架木道から羅臼岳(右端)を望む

 

 

 

2018.7.16 道東 斜里岳



 

旧道(沢)コースでは飛び石の渡渉や小滝を巻いたりとスリリングな登りがしばらく続きます。

急な滑りやすい斜面では覆いかぶさる枝を気にしながら這って登るところも。

滑りやすい濡れた岩場では、より注意が必要です。

悪戦苦闘しながらの沢登り

常連のご夫婦、今回は大雪山を離れて道東の山に挑戦

お花を見る余裕がやっと出てきました。

緩い滑床のようなところも

 

胸突き八丁を登りきり馬の背へ一瞬、雲の切れ間から知床方面の海別岳、国後が雲海に浮かび上がり歓声が

ミヤマダイコンソウ

ウコンウツギ越しの頂上

エゾカンゾウの群生地から頂上

登頂の際には視界不良で展望できなかったが、しばらくして雲が切れだし摩周岳、阿寒連山、屈斜路湖、硫黄山のすばらしい大パノラマを満喫できました。

左、摩周岳、摩周湖。右へ硫黄山、奥に雄阿寒岳。更に右に屈斜路湖

下山時、馬の背からの頂上

新道から望む斜里岳山頂

 

 

2018.6.17 摩周岳



登山道沿いには露に濡れたチシマフウロが迎えてくれました

ツマトリソウ

摩周湖展望台側からと西別岳側からとの分岐

高低差のないトレッキングコースですが、最後の頂上への急斜面は注意が必要です。

濃い紫のミヤマオダマキ

頂上からは全く展望できず。足元にはエゾツツジ、キクバクワガタ、ミヤマハタザオ、ヨツバシオガマが咲き出してきていました。

チシマザクラ

下山途中に見せてくれた摩周湖湖面と摩周岳の山裾。

 

 

2018.2.18  旭川21世紀の森・中鶴根山



外気温-20℃、午前8時、中鶴根山H678m展望台からの旭岳。晴れていますが風速30m近くあったそうです。

芦別岳

ほとんど目の前から動こうとしないエゾユキウサギ。

                                                                     撮影 Y。Kumei

2017.10.20 雌阿寒岳



オンネトー湖畔から雌阿寒岳(左)、阿寒富士

オンネトー野営場登山口から入り雌阿寒温泉(野中温泉)に下り、オンネトー探勝路経由で登山口へ戻る一周コース

歩きだして間もなく数多くのアカエゾマツの風倒木、昨年の台風によるものでしょうか。

森の中の登山道は根張りが多く歩きづらい

7合目近くのハイマツ帯、3m以上はある。

ハイマツ帯を抜けると視界が開けオンネトーが背後に見える

端正な姿の阿寒富士が右手に見える

 

時折、活発な火山活動により登山禁止になることも

火口壁の上からは荒々しい光景と神秘的な円形の青沼

頂上から阿寒湖方面。

阿寒湖を挟んで奥に雄阿寒岳、手前に剣ヶ峰

火口の底に見える赤沼

雌阿寒温泉への下りは急なガレに雪が付き要注意

フップシ岳

オンネトー

薄暗い林床には厚い苔に覆われた岩や倒木が多く見られる

巨岩を抱きかかえるようなアカエゾマツ

オンネトー探勝路入口。野営場まで約2㎞

アカエゾマツ天然林が広がる雰囲気のある山道

 

2017.8.18 雨竜沼湿原



登山口からは円山(H850m)が迎えてくれます。火山活動によって出来た玄武岩の岩山で雨竜沼湿原の高さとほぼ同じ。

湿原入口テラス

湿原テラス。暑寒別岳、南暑寒岳はあいにく雲の中。薄い秋色になりつつある湿原です。

サワギキョウが満開

池塘の水面に濃い黄色の花冠と赤い子房がめだつウリュウコウホネ(オゼコウホネは子房が緑色だそうです)

シソ科のエゾイヌゴマ

雨竜沼湿原の池塘は特徴として円形をしているものが多い。

 

鮮やかな青紫色のエゾリンドウ。オヤマリンドウは茎の頂に花が集まりますがエゾリンドウは上部の葉の脇にも付きます。

家紋の梅鉢に似ているところからウメバチソウの名前になったそうです。

シベリアシオガマ

8月の主役だったタチギボウシの赤紫色も少なくなってきました。

セリ科のオオバセンキュウ

雨竜沼展望台から望む雨竜沼湿原。東西2㎞、南北1㎞、山地の高層湿原としては国内では日光の尾瀬につぐ規模を持つそうです。

まるで畑を耕したようなヒグマの掘り起こし跡。ハクサンボウフウ、シラネニンジンかと思われます。

 

ペンケペタン川の蛇行