大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2021.5.15 十勝岳バックカントリー



辛うじて駐車場から雪は繋がっています。
小屋からは、登山道ではなく雪の繋がっている斜面を登りグランドへ進みます。
この大斜面を滑走のするのが楽しみです。
グランド入口から十勝岳をを望みます。低温の風が強くなってきましので、ここより下ります。駐車場までザラメの雪を気持ちよく滑り下りることができました。

2021.5.14 十勝連峰 三段山バックカントリー



2段目の斜面と十勝岳の噴煙
白金模範牧場の雪は解けています
三段山山頂と十勝岳
富良野岳
上ホロカメットク山
例年になく山頂から駐車場まで雪は繋がりスキー滑走を楽しめました。

2021.4.28 大雪山 黒岳



まねき岩と黒岳山頂
頂上直下 なかなかの急斜面です。
硬いザラメの上に重い新雪、スキー登高では新雪がずれるためシートラ、アイゼンとなりました。気持ちよくアイゼンが決まります。
登った斜面を見下ろすと少々恐ろしい。
黒岳山頂です。雪は風で飛ばされありません。
旭岳は雲がかかり確認できませんでした。
山頂の登山道より滑走開始します。
本日も楽しませていただきました。 シーハイル

2021.4.27 突哨山



突哨山口から100mほど進むと両サイドにびっしりピンクのカタクリが見事に群生しています。

こもれびの路から三角点分岐までは特に見事です。

 

三角点分岐付近で見つけたアズマイチゲ、純白で均整のとれた姿はひときわ目を引きます。

稜線の所々にはエゾエンゴサクの群落が見られます。

出来て間もない突哨山頂上柱、休憩所にもなっています。

シラカバ林が多く見られます。

キクザキイチゲ、ピップイチゲが咲き出して来ました。

数十年前には牛や馬の放牧地だった所。日当たりが良くシラカバとササに覆われています。

比布側の入り口、ぴぴの路にあるエゾエンゴサクの群落地。もう少しで全体が青みを帯びシラカバとのコントラストが美しい場所です。

エンレイソウが多く見られこの後にミヤマエンレイソウ、オオバナノエンレイソウなどが咲き出します。

南折り返し付近で見つけたキクザキイチゲ

 

2021.4.23 増毛山地 暑寒別岳



平日にもかかわらず暑寒荘前の駐車場はほぼ満車状態

 

尾根に出ると快晴、無風、気温もかなり高く陽射しが強い。

暑寒別岳へのコースが一望、なだらかなアップダウンが続き最後にきつく長い登りが待ち受けている

滝見台からは幾筋ものトレースが見られ、扇風岩を巻いて下ると最後の登り

西署寒岳への頂上稜線、切れ落ちた崖が続きデブリが数か所で確認

標高差250mの急な登り、コース中一番きつく特に上部は硬くアイゼンが必要な場合もあり

広大なゲレンデを思い思いに降りてくるスキーヤー、ボーダー

日本海めがけてシュプールを斬るスキーヤ―

頂上稜線からは南暑寒別岳と大きな溶岩台地の雨竜沼湿原、さらに遠くには大雪、十勝のまだ白い峰々が

頂上の後ろには群別岳、奥徳富岳、右には西暑寒岳へ続く稜線

2021.4.23 増毛山地 暑寒別岳



2021.1.24 大雪山 旭岳周辺 モニターツアー



本日、プロモーションビデオ撮影のため旭岳へ向かいます。

忠別ダムから望む快晴の旭岳
気温マイナス10℃程度、下界よりも暖かい快晴無風の旭岳(最低気温 旭川-22.5℃ 旭川市江丹別-31.8℃)
プロモーションビデオ撮影のため関係者総勢14名で撮影しながら進みます。
立っている棒の先は360度カメラ
美女三人・・・
参加してくれた台湾の女の子です。
噴気孔周辺
凍り付いて雪の積もった「姿見の池」の上を横断します。
尻滑りスタート地点
豪快な尻滑り
パウダーへダイブ
残念ながらカモ沼にカモはいませんでした。
ワサビ沼
赤く染まる夕映えの旭岳

本日ガイドの依頼をされたY様申し訳ありませんでした。都合のつく日にまたご連絡ください。

2021.1.16 和寒山バックカントリー


強風の中山頂へ  和寒山々頂に立つ反射板
山頂は強風でしたが、少し下れば快適なオープンバーンが待ってます。
オープンバーンを快適に滑ります。

2021.1.6 三面山バックカントリー



大雪山俱楽部のメンバーで幌加内町三面山へバックカントリーへ向かいました。
気温は低めですが、無風・晴天という天候に恵まれました。
山頂へ黙々と登ます。
山頂から見るサンピラー
山頂には標識代わりのトレース旗が木に括り付けられています。
パウダーを気持ちよく滑る
気持ちよく滑っていると、斜面全体にクラックが入り大きなクラックが地面まで届いています。危険なためトラバースで登った稜線へ退避しました。
登ってきた斜面を滑って帰路につきます。 by morita

2021.1.3 三段山



白銀荘からスタートです。
木々は樹氷となっています。
強風と視界不良の厳しい条件でしたが、三段山々頂にたどり着くことができました。
下山中,富良野岳方面に太陽が差しました。
厳しい条件の中でご苦労様でした。

                    by morita