大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2020.11.15



嵐山縦走路から、右、旭岳
白金模範牧場から十勝連峰 エゾシカのトレース
望岳台から十勝岳、美瑛岳

嵐山縦走 8.6km (約5時間)



嵐山は旭川市の中心部から西方約5kmの山岳丘陵地にあり、明治期に開拓使が視察の折、京都の嵐山に似ていることから名付けたとされています。

晩秋の好天の中、萌ゆる秋を探しにハイキングしてきました。

うばゆり峠より出発すると、すぐに約200mの急坂が現れます。坂と30分格闘し、気持ちのいい汗をかくと天神が峰に到着です。(全行程1/3)

イタヤカエデ、ミズナラ、ハリノキ、アブラコシ、ホオオノキ・・・などの落ち葉が敷きしめられた路を歩いていきます。。気持ちはいいけれど、落ち葉の下には岩や木の根っこが隠れていて、滑って転ばないように慎重に歩きます。

しっかりと萌えてます♡

半面山、下半面山の三角点を通過して、お昼は嵐山の展望台で・・・(麓の北邦野草園まで残り750m)

あゆちゃん作

「嵐山と嵐山からの眺望」は 旭川八景 に選定されています。大雪山は雪化粧をしてました。

このトレイルは葉が少なくなった秋がお勧めです。

                        佐藤 悦子

2020.10.17 大雪山



忠別湖から望む今朝の大雪山

天人峡渓谷

羽衣の滝

 

2020.10.10 八甲田山




酸ヶ湯温泉すぐそばが八甲田大岳への登山口

火山の痕跡を見ながら進みます。

ひときわ大きく見える岩木山

山頂はガスと強風で即、退散

大岳ヒュッテと井戸岳が見えてきた

下るにつれ草紅葉の湿原、上毛無岱とハイライトの下毛無岱の紅葉が見頃を迎えていました。

2020.10.09 岩木山 百沢コース



岩木山神社鳥居の上には岩木山山頂部が顔をのぞかせています。登山口は鳥居をくぐり石畳を踏み拝殿前から杉がうっそうと茂る鎮守の森の登拝路に入っていきます。

古くに開かれた登拝路と杉並木

百沢スキー場までは車で入れるそうです。

落葉樹の生い茂る単調な道が焼止りヒュッテまで延々と続きます。

百沢コース核心部の大沢は両側が狭まったスリリングな登り

所々に現れる大岩の滑床は滑りやすい

山中唯一の水場、錫杖清水

小さな池の水面には山頂部が映りミチノクコザクラが咲くそうです。

草付きの急斜面を登ると鳳鳴ヒュッテ

山頂直下の急な岩場。登山リフトを利用して軽装で登る登山者には少々驚き

八合目周辺の紅葉

鳥海山

 

「どうみん割」についてのお知らせ




大雪山倶楽部では「どうみん割」の取り扱い事業者として決定をいただきました。

令和2年7月10日~令和3年1月31日が支援金の対象期間となります。

対象期間の途中で支援金の総額に達した場合は終了となります。

ご家族、グループまたお一人でもこの機会に是非、体験に参加してみてはいかがでしょう。

下期のキャンペーンサイトをご覧の上、お申込みをお待ちしております。

http://hokkaido-taiken.jp

 

大雪山倶楽部のホームページはこちらからも見られます。

http://www.daisetsuzan-club.jp/index.html

 

 

 

 

 

2020.6.07 神居尻山




 

キバナイカリソウ  独特な花の形とハート形の葉の先がとがり縁に刺毛があり見つけやすい

 

ツマトリソウ  北海道では裂片の先が赤くつまどられるものは少ないようです。

ムラサキヤシオツツジ  新緑の森にひときわ目立つ鮮やかな花を見せてくれます

センボンヤリ   秋、閉鎖花と言われる実が槍に似ているところから付いたそうです

ミヤマオダマキ  外側の青紫色がガク片、花弁は内側で先端部が白色のが多いがここでは橙色

シラネアオイ  淡い紫色の花弁状のガク片4枚と雄しべは多数、雌しべは2個  +アカマルハナバチ

ミヤマアズマギク  とても細い舌状花が多数集まってキクの花になっている。東日本に分布するので東(アズマ)

標高900m余りとそう高くはありませんが切り立った尾根や斜面に咲く色とりどりの高山植物や森の中の草花の両方を楽しめる花の見どころの多い山です。

チシマフウロ   朝、花弁に露が降りわずかな風でも揺れ、露が動く様から付けられたそうな

エゾノハクサンイチゲ  群生することが多く富良野岳でのお花畑は見事。白い花弁のように見えるのはがく片で花弁はない

チシマザクラの後方には残雪が美しい増毛山地が遠望できます

チシマザクラ

山小屋が建て替え中

カナヘビ

2020.5.31 沖里河山




深川市の東側、800mほどの頂上からは大雪、十勝、暑寒、樺戸の山域が展望。 旭岳~愛別岳の山並み

十勝連峰

 

音江山へは縦走登山もできる

暑寒連山

上品な香りがするサンカヨウ

2020.1.26 カモ沼ワサビ沼




2019.11.17 中鶴根山 初滑り




一気に旭川市内はもちろん郊外の山々も真っ白に。30分ほど走り旭山動物園の奥にある中鶴根山へ。

登山道上の雪が何とか滑走可能なので初滑りを敢行。雪質はもちろんパウダー、初滑りとしてはまずまずでした。