大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2018.4.30 旭岳 姿見


すっかり春めいてきた大雪山旭岳ですが、まだ積雪2mとお花たちが咲き出すには1か月以上先になります。

横浜から連休を利用され、一日目は好天の旭岳周辺スノーシューハイキングを楽しまれました。

体を動かすのが大好きご夫婦。大雪山の景色に感動。

貸し切りの大斜面で尻滑り

大自然のなかでの「贅沢」な昼食

2018.3.28 旭岳 姿見園地~カモ沼ワサビ沼


好天の続く旭岳、日ごとに雪解けが進んで行くのが分かるような速さです。外気温+7℃、風速5m

桜の開花が始まったばかりの神戸からのご家族。思ったより暖かく楽しい一日になりそう。

第四展望台付近は雪解けが進み、地面が現れ始め高山植物が顔を出してきました。

雪の大斜面を貸し切りで遊びまくりです。

シュカブラの撮影ポイントでの熱写

鏡沼でのお茶と昼食

第三展望台

沼コースでは再度、尻滑り大会

沢筋で見られたフキノトウ

ロール状になった大きな「雪まくり」

パウダーではありませんでしたが、沼コースでの楽しみのひとつ。

2018.3.24 旭岳 姿見園地


東川町の日本語学校に通う留学生と国際交流員によるスノーシューハイキング体験。ほとんどの方が雪の無い所からの参加です。暖かい春の日差しを受け元気いっぱい楽しんでいただきました。

姿見の池が旭岳を映すのはまだ先ですが、高山植物が咲き乱れる頃、この展望台へ是非お出で下さい。

雄大な大雪原の中でのティータイム

雪解けが進み場所によっては高山植物が姿を見せ始めました。第四展望台付近のキバナシャクナゲ

旭岳を横に見ながらの尻滑り大滑降

キタキツネの姿に歓声

第一展望台から

十勝連峰

 

 

 

2018.3.10 旭岳・裾合平方面


 

昨日の雨による融雪被害をもたらした低気圧も去り、青空の広がる旭岳姿見園地。すり鉢池から旭岳、裾合平方面

硬くなった雪面に新雪が軽く積もりスノーシューでちょっと遠出を楽しみました。

大雪原の遥か向こうには十勝連峰が望め、雪と青空のコントラストがとても美しい

旭岳北側斜面

この辺りは火山活動による地熱の影響で地表面が現れ濃い緑色の苔が見られます。

当麻岳から安足間岳稜線、大塚、小塚、比布岳、北鎮岳の白い峰々がくっきり

 

2018.2.27 白金の森・美瑛の丘一日コース


 

この広大な雪原と十勝連峰の白い山並み、真っ青な空に白い雲。こんな素晴らしい日に訪れてくれた奈良からのお二人にはとてもラッキーなスタートとなりました。

大雪原がどこまでも続く白金模範牧場。

噴煙を上げる十勝岳

白ひげの滝

雪の白とのコントラストが美しいブルーリバー

原生林の森は雪のオブジェがいっぱい

丘めぐりの代表格、マイルドセブンの丘

クリスマスツリーの木

2018.2.23 カモ沼ワサビ沼コース


埼玉県からご家族での冬の大雪山スノーシュー。このふわふわの深い雪の原生林を貸し切りで雪まみれになって遊んでもらいました。

雪山からのジャンプではお父さん、お母さんも一緒に参加

ホシガラス

ワサビ沼での昼食

一番の楽しみはやはり尻滑り。

踏み跡の無い深雪の中でも自分の好きなように歩き回れます

 

2018.2.19 十勝岳 安政火口周辺


十勝岳温泉凌雲閣から安政火口方向。右、D尾根 左、崖尾根

D尾根、三峰山

富良野岳北尾根

もうすぐ早咲きの桜が見られる静岡県焼津から参加いただきました。

視界が良ければ正面に荒々しい上ホロカメットク山の姿が見える

化物岩

 

2018.2.18  旭川21世紀の森・中鶴根山


外気温-20℃、午前8時、中鶴根山H678m展望台からの旭岳。晴れていますが風速30m近くあったそうです。

芦別岳

ほとんど目の前から動こうとしないエゾユキウサギ。

                                                                     撮影 Y。Kumei

2018.2.07 大雪山スノーシューハイキング美瑛・白金


朝陽に反射しキラキラと宝石のような輝きを見せる白金模範牧場の大雪原。後方、右から十勝岳、美瑛岳、美瑛富士、ベベツ岳

どこまでも続く真っ白な大雪原に感動

 

キタキツネの足跡

南西方向には芦別岳、夕張岳

白と青のコントラストが美しい白ひげの滝。

エゾシカの親子

クリスマスツリーの木

アジア方面からの観光客で大賑わいのマイルドセブンの丘

2018.1.26 旭川 北邦野草園


旭川を代表する自然の森として、夏は手ごろな森林浴、冬はスノーシューハイキングで野鳥、動物たちの痕跡、樹木など、また最近人気のエゾシマエナガの愛くるしい姿も観察できることがあります。

エゾシカによる食害は毎年のように見られます。

野鳥の囀りに目を凝らしてのバードウオッチング

アカゲラ、ヤマゲラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、カケスなどが見られました。

展望台から旭川市内