大雪山倶楽部

〒078-8232 北海道旭川市

豊岡2条8丁目4番21号

TEL&FAX/0166-31-8228

携帯/080-5591-0809

代表/愛澤 美知雄

 

※旧ブログはこちら

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ログ検索

過去ログ

2015.1.04 大雪山スノーシューハイキング・一日おまかせコース



一日おまかせコースに東京から参加のご家族3名。旭岳は見えないものの、まずまずの視界のなか噴気孔群、姿見の池展望台へ、大雪原の大きさに感動されていました。

愛の鐘の前で

カモ沼ワサビ沼コースでは尻滑りに挑戦。雪まみれになりながら楽しんでくれました。

雪山からのジャンプではふかふかの雪の中に着地、すっぽりと埋まった雪の深さに驚きでした。

膝まで埋まる雪のラッセル。意外と足を運べる雪にびっくり。

冬でも凍らないカモ沼、コガモたちは留守でしたが原生林に囲まれた静かな佇まいを堪能されました。

アカエゾマツ原生林に囲まれた池塘群湿原での雪中ダイブ、すっぽりと顔まで埋まる新雪に大感激

森林限界を超えた姿見の池コース、樹林帯のカモ沼ワサビ沼コースと標高差500mのそれぞれの自然環境の違いを体感していただきました。

 

“2015.1.04 大雪山スノーシューハイキング・一日おまかせコース” への2件のフィードバック

  1. 東京の3名 より:

    愛澤様
    お正月はお世話になりました。
    私たちの我儘なお願いにも関わらず、柔軟なコースプランを立てていただき大満足の1日でした。
    びっくりするほどフワフワの雪に久しぶりに同行した大学生の息子も子供のように弾けていました。また森の中では植物の興味深い話にも感動しました。
    家族の貴重な思い出をサポートしていただき、ありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

    • Aizawa より:

      大雪山厳冬期においでいただきありがとうございました。厳しい自然のなかで生きる生き物たちの痕跡、姿や冬でなければ見られない自然現象を観察していただきました。長い冬を耐えてやがて訪れる夏は命をつなぐための大切な季節でもあります。緑萌える頃、元気いっぱいに生きる生き物たちの姿に会いに是非、機会がありましたらお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です